Talend Cloud Management ConsoleでのDropbox接続の作成 - Cloud

Talend Cloud入門ガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > タスクのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
デプロイメント > パブリッシュ
接続コンテキストパラメーターを使用する場合、公開されたジョブ(タスク)を実行できるようにTalend Cloud Management Consoleで接続を定義する必要があります。

始める前に

  • Dropboxアカウントを有していること。

このタスクについて

ジョブを実行する前に、定義された接続から必要な接続を選択できます。この方法では異なるDropboxアカウントで同じジョブを実行できます。

手順

  1. [Management] (管理)ページを開きます。
  2. 1番上のメニューから正しい環境を選択します。
  3. 適切なワークスペースで[Connections] (接続)をクリックします。

    例え

  4. [Connections] (接続)ページで[Add connection] (接続を追加)をクリックします。
  5. [Add new connection] (新しい接続の追加)ウィザードで、接続を作成するワークスペースを選択します。
  6. [Application] (アプリケーション)ドロップダウンリストからコネクターを選択します。
  7. 接続の名前を入力します。
    注: 同じ名前の接続を2つ作成することはできません。
  8. 生成されたDropboxトークンを[Access Token] (アクセストークン)パラメーター値フィールドに入力します。
  9. [Save] (保存)をクリックします。