Talend Studioを起動 - Cloud

Talend Cloud入門ガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > タスクのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
デプロイメント > パブリッシュ
Talend Studioを起動し、ローカル接続を設定してジョブの作成を開始します。

始める前に

  • Talend Studioがダウンロードおよびインストール済みであることを確認してください。詳しい手順は、Talend Cloudインストールガイドをご覧ください。
  • Talend Studioを起動してTalend Cloud Management Consoleからライセンスを取得する前に、事前定義済みの[Integration Developer] (統合開発者)ロールが与えられていることを確かめてください。

手順

  1. 使用しているプラットフォームに対応する実行可能ファイルをダブルクリックします。
  2. エンドユーザー使用許諾契約の条項を読み、同意します。
  3. Talend Cloudアカウントのリージョンに基づいてリモートホストを選択し、Talend Cloud Management Consoleからライセンスを取得します。
  4. ログイン認証情報を入力します。
    ログイン名の確認やパーソナルアクセストークンの生成は、Talend Cloud内の[Profile Preferences] (プロファイル環境設定)で行います。
  5. [Fetch] (フェッチ)をクリックし、[Next] (次へ)をクリックします。

    リモート接続は自動的に設定されます。必要に応じて、ローカル接続を設定する必要があります。

    リモート接続の詳細は、Talend Cloud Management Consoleユーザーガイドを参照してください。

  6. [Manage Connections] (接続の管理) > をクリックして、接続を作成します。
  7. Local (ローカル)リポジトリーをドロップダウンリストから選択します。
  8. 必要な情報を入力し、[OK]をクリックします。
  9. [Workspace] (ワークスペース)フィールドの横にある参照ボタンをクリックし、使用するフォルダーに移動します。
    フォルダーへのパスを入力するという方法も使えます。
  10. [Create a new project] (新しいプロジェクトを作成)を選択します。
  11. プロジェクト名を入力して[Create] (作成)をクリックします。
  12. [Finish] (終了)をクリックします。

次のタスク

必要であれば、[Feature Manager] (機能マネージャー)ウィザードを使って機能をインストールすることもできます。詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talend Studioはソースおよびターゲットに接続するため、特定の他社Javaライブラリーまたはデータベースドライバー(.jarファイル)のインストールを必要とします。外部モジュールと呼ばれるこれらのライブラリーまたはドライバーは一部のTalendコンポーネント/一部の接続ウィザードで必要とされる場合があります。ライセンスの制限により、Talend社は特定の外部モジュールをTalend Studioに同梱できない場合があります。詳細は、外部モジュールをすべて一括インストールをご覧ください。