ロイヤリティの抽出に使用するDropboxアプリケーションの選択 - Cloud

Talend Cloud入門ガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > タスクのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
デプロイメント > パブリッシュ
ジョブを実行する前に、利用可能な接続から選択します。この例では、この段階でのみ使用可能な接続を選択しています。

始める前に

  • Dropbox接続コンテキストパラメーターを含むジョブの更新バージョンがクラウドに公開されています。

手順

  1. Talend Cloud Management Console内で公開したワークスペースで、[Video Viewers Watch Results Log Filter Task] (動画ビューアー再生結果ログフィルター)タスクを開きます。
  2. [Configuration] (運用設定)の横のアイコンをクリックします。
  3. [Connections] (接続)ステップに進みます。
  4. 前に作成したDropbox接続を選択します。
  5. [Go Live] (本番稼働)セクションで、タスクを実行するエンジンを[Runtime] (ランタイム)ドロップダウンリストから選択します。
    • Cloud
    • クラウド専用

      そのCloud Engineで実行されるタスクは他にありません。

    • 事前構成済みRemote Engine
    Remote Engineでタスクを実行する方法は、Talend Remote Engineユーザーガイドを参照してください。
  6. [Trigger type] (トリガータイプ)ドロップダウンリストから実行頻度を選択します。
    タスク実行のスケジューリングについては、Talend Cloud Management Consoleユーザーガイドを参照してください。
  7. [Go Live] (本番稼働)をクリックします。

タスクの結果

ジョブは選択したDropbox接続で実行されます。接続パラメーターを使用すると、ジョブがより一般的になります。別の外部システムへのリソースのプル/プッシュについてのみ異なる値を選択する必要があります。