ファイルパス値とロイヤリティ条件の設定 - Cloud

Talend Cloud入門ガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > タスクのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
デプロイメント > パブリッシュ
同じDropboxアプリケーションの別のログファイルをポイントして、最初のファイルとは別のファイルに結果を出力できます。

始める前に

  • ジョブをクラウドに公開しました。

このタスクについて

異なる条件で同じタスクを実行し、動画制作者が決定する異なる単価設定に対応することもできます。

手順

  1. Talend Cloud Management Console内で公開したワークスペースから[Video Viewers Watch Results Log Filter Task] (動画ビューアー再生結果ログフィルタータスク)を開きます。
  2. [Configuration] (運用設定)の横のアイコンをクリックします。
  3. [Parameters] (パラメーター)ステップで各パラメーターの値を編集できます。

    例え

    ロイヤリティ条件を0.15に、出力ファイルのアップロードパスを/StreamingResultsLog_FilteredRecords_15p.csvに変更します。

  4. [Continue] (続行)をクリックします。
  5. まだ設定していない場合は、Dropbox接続を選択します。
  6. [Go Live] (本番稼働)をクリックします。

タスクの結果

Dropboxで結果を確認すると、新しいファイルにさらにレコードが追加されます。以前に設定した値が残るよう、他のユーザーのためにジョブを保存しないでおくこともできます。