MDMインスタンスの移行

Mac 版 Talend Open Studio for MDMインストール&アップグレードガイド

Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
open-studio-for-mdm-mac
Content
インストールとアップグレード

MDMインスタンスをTalend MDMの古いバージョンから新しいバージョンに移行できます。これには、Talend Studio内のデータベースとMDMリポジトリーオブジェクトに格納されている両方のMDMインスタンスが含まれます。

注: クラスターモードからスタンドアロンモードへの移行はサポートされていません。
以下のことが仮定されています:
  • MDMサーバーまたはMDMサーバーのクラスターをインストールして設定する方法を十分に理解している。

  • 既存のMDMデータベースがすべてバックアップされており、必要に応じて復元できる。

MDMシステムオブジェクト、マスターデータレコード、およびステージングデータレコード(該当する場合)は、データベースに保存されます。また、MDMサーバーにデプロイされているデータモデルやビューなど、Talend Studio内の一部のMDMオブジェクトもデータモデルにとどまります。

dbmigrationツールを使用して、それらのMDMインスタンスをデータベースに移行できます。

ただし、データベース内にとどまらない、または保存されないものもあるため、移行のためにジョブとワークフローを手動で再インポートおよび再デプロイする必要があります。

Talend Studioの古いバージョンのワークスペースを再利用することはできません。Talend Studioで、リポジトリーオブジェクトを ソースTalend StudioからターゲットTalend Studioに手動で移動する必要があります。詳細は、Talend Studioでリポジトリーオブジェクトを手動で移動するを参照してください。

7.0以降、MDMユーザーはTalend Administration Centerで作成されます。

移行の前に、以下の点にご注意ください。

  • クラスター内のMDMサーバーに移行する場合は、クラスターが適切に設定されていること、および移行中にクラスター内のすべてのノードが実行中であることを確認します。ソースサーバーまたはターゲットサーバーとして使用されるのは、クラスター内の1つのノードのみです。

  • 移行中は、ソースMDMサーバーとターゲットMDMサーバーに対する変更がすべて凍結中であることを確認します。すなわち、移行中は挿入、更新、削除の操作が一切実行されないようにしてください。

  • ターゲットサーバーをホストするマシンに、dbmigrationツールの実行に十分な空きメモリがあることを確認します。

  • バージョン、またはTalend Studioを変更するたびに、Webブラウザーのキャッシュとcookieを必ず削除してください。そうしない場合、予期しない動作や表示エラーが発生する可能性があります。

  • 5.6.1または5.6.2から6.0.1以降に移行する場合は、パッチをインストールする必要があります。このパッチを入手するには、Talendサポートにお問い合わせください。

Talend MDMデータモデルでは、以下のテーブルに示す特定のタイプのみがサポートされています。サポートされていないタイプを含むプロジェクトを移行すると、エラーが発生します。

サポートされるタイプ サポートされないタイプ
xsd:anyURI xsd:ENTITIES
xsd:base64Binary xsd:gDay
xsd:boolean xsd:gMonth
xsd:byte xsd:gMonthDay
xsd:date xsd:gYear
xsd:dateTime xsd:gYearMonth
xsd:decimal xsd:ID
xsd:double xsd:IDREF
xsd:duration xsd:IDREFS
xsd:float xsd:language
xsd:hexBinary xsd:Name
xsd:int xsd:NMTOKEN
xsd:integer xsd:normalizedString
xsd:language xsd:QName
xsd:long xsd:token
xsd:negativeInteger -
xsd:nonNegativeInteger -
xsd:nonPositiveInteger -
xsd:normalizedString -
xsd:positiveInteger -
xsd:short -
xsd:string -
xsd:time -
xsd:token -
xsd:unsignedByte -
xsd:unsignedInt -
xsd:unsignedLong -
xsd:unsignedShort -