プロシージャー - 7.3

XML

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント

手順

  1. 以下のコンポーネントを、[Palette] (パレット)からデザインワークスペースのtFileInputXmltWriteXMLFieldtMysqlOutputにドロップします。
    [Main] (メイン)リンクを使って、3つのコンポーネントを接続します。
  2. tFileInputXmlをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、プロパティを定義します。
  3. [Repository] (リポジトリー)ツリービューに入力スキーマが既に保存されている場合は、まず[Property Type] (プロパティタイプ)リストから、次に[Schema] (スキーマ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ダイアログボックスを表示します。ここで、関連するメタデータを選択します。
    [Repository] (リポジトリー)ツリービューにスキーマメタデータを保管する方法の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。
  4. 入力スキーマをローカルに保存していない場合は、 [Property Type] (プロパティタイプ)および[Schema] (スキーマ)フィールドで[Built-in] (組み込み)を選択し、手動で続くフィールドに入力します。tFileInputXMLの詳細については、tFileInputXMLを参照してください。
    [Built-in] (組み込み)を選択した場合は、[Edit Schema] (スキーマの編集)フィールドの横にある3点ボタンをクリックして、ファイルの構造を手動で定義できるダイアログボックスを開きます
  5. [Look Xpath query] (ルックXPathクエリー)フィールドに、ループの基になる構造のノードを入力します。このサンプルでは、ループは[customer] (顧客)ノードに基づいています。[Mapping] (マッピング)テーブルの[Column] (カラム)には、定義されたファイルのコンテンツが自動的に入力されます。
    [Xpath query] (XPathクエリー)カラムに、各[Column] (カラム)フィールドに対応するデータを保持するXMLファイルのノードを逆カンマの間に入力します。
  6. デザインワークスペースで、tWriteXMLFieldをクリックしてから、[Component] (コンポーネント)ビューで、[Basic settings] (基本設定)をクリックして関連するビューを開き、そこでコンポーネントのプロパティを定義できます。
  7. [Edit Schema] (スキーマの編集)フィールドの横にある3点ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、プラスボタンをクリックして行を追加します。
  8. 行をクリックして、XMLコンテンツを書き込む出力カラムの名前(このサンプルではCustomerDetails)を入力します。
    対応するフィールド、このサンプルではString (文字列)255でタイプと長さを定義します。
    [OK]をクリックして出力スキーマを検証し、ダイアログボックスを閉じます。
    [Basic settings] (基本設定)ビューおよび[Output Column] (出力カラム)リストから、XMLコンテンツを書き込む場所として既に定義したカラムを選択します。
  9. [Configure XML Tree] (XMLツリーの設定)の横にある3点ボタンをクリックして、XML構造の作成に役立つインターフェイスを開きます。
  10. [Linker target] (リンクターゲット)エリアで、[rootTag]をクリックしてCustomerDetailsという名前に変更します。
    [Linker source] (リンカソース)エリアで、CustomerNameCustomerAddressCustomerDetailsにドロップします。どの種類の操作を実行したいかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。
    CustomerDetailsノードのサブエレメントを作成するには、[Create as sub-element of target node] (ターゲットノードのサブエレメントとして作成)を選択します。
    CustomerNameを右クリックして、コンテキストメニューから[Set As Loop Element] (ループエレメントとして設定)を選択します。
    [OK]をクリックして、定義したXML構造を検証します。
  11. tMysqlOutputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、プロパティを定義します。
  12. [Repository] (リポジトリー)ビューの[DB Connection] (DB接続)ノードにスキーマを既に保存している場合は、[Schema] (スキーマ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択して、関連するメタデータを選択できる[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ダイアログボックスを表示します。
    [Repository] (リポジトリー)ツリービューにスキーマメタデータを保管する方法の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。
    スキーマをローカルに保存していない場合は、 [Property Type] (プロパティタイプ)および[Schema] (スキーマ)フィールドで[Built-in] (組み込み)を選択し、データベース接続およびデータ構造情報を手動で入力します。tMysqlOutputプロパティの詳細については、tMysqlOutputを参照してください。
    [Table] (テーブル)フィールドに、抽出するXMLデータを書き込むデータベーステーブルの名前を入力します。
    [Action on table] (テーブルのアクション)リストから[Create table] (テーブルの作成)を選択して、定義済み表を作成します。
    [Action on data] (データの処理)リストから、[Insert] (挿入)を選択してデータを書き込みます。
    [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、先行のコンポーネントからスキーマを取得します。[Edit schema] (スキーマの編集)の横にある3点ボタンをクリックすると、スキーマを表示できます。
  13. ジョブを保存し、F6をクリックして実行します。

タスクの結果

tWriteXMLField は、 CustomerDetails カラムのすべてのフィールドに入力ファイルのXML構造を入力します。XML構造(XML処理命令<?xml version=""1.0"" encoding=""ISO-8859-15""?>、各クライアントを分離する最初のノード<CustomerDetails>、最後に顧客情報<CustomerAddress>と<CustomerName>)を入力します。