コンポーネントを設定する - 7.3

XML

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント

手順

  1. tEDIFACTtoXMLコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. [EDI filename] (EDIファイル名)フィールドに、入力EDIFACTメッセージファイルへの完全パスを入力します。

    このユースケースでは、入力ファイルは99a_cuscar.ediです。

  3. [EDI version] (EDIバージョン)リストから、入力ファイルのEDIFACTバージョン(このユースケースではD99A)を選択します。
  4. 変換中に入力ファイルのキャリッジリターン文字をスキップするには、[Ignore new line] (改行を無視する)チェックボックスをオンにします。
  5. その他のパラメーターはそのままにしておきます。
  6. tFileOutputXMLコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  7. [File Name] (ファイル名)フィールドに、生成する出力XMLファイルへの完全パスを入力します。

    このユースケースでは、出力XMLは99a_cuscar.xmlです。

  8. その他のパラメーターはそのままにしておきます。