来歴を読む - 7.0

ビッグデータジョブの処理

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
Atlasでは、ジョブによって書かれた来歴は次の2つのタイプのエンティティで構成されています。
  • ジョブ自体

  • tRowGeneratorまたはtSortRowなど、データスキーマを使用するジョブ内のコンポーネント。 tHDFSConfigurationなどの接続または設定コンポーネントはスキーマを使用しないため、これらは考慮されません。

したがって、例のジョブは次の6つのエンティティを生成します: ジョブ用に1つ、コンポーネント用に5つ。そして、これらのエンティティに3つの異なるタグを自動的に追加します。
  • Talend: ジョブによって生成されたすべてのエンティティに。

  • TalendComponent: すべてのコンポーネントエンティティに。

  • TalendJob: すべてのジョブエンティティに。

Atlasでこれらのタグの1つを直接クリックすれば、対応するエンティティが表示されます。

たとえば、[TalendJob]をクリックすれば、Atlasでログに記録されているジョブエンティティのリストが表示され、ジョブを選択して、そのジョブの来歴情報を表示することができます。次の図は、例として使用しているジョブでデータフローがどう処理されるかを示しています。