Talend Cloud Remote Engine for Azureの起動 - Cloud

Microsoft Azure版Talend Cloud Remote Engineガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

Talend Remote Engine for Azureを設定し、使用を開始します。

始める前に

Talend Cloud Management ConsoleでRemote Engineが作成済みで、ペアリングする準備ができていること。

手順

  1. Talend Remote Engine for Azure製品の詳細から[Create] (作成)をクリックします。
  2. 管理者ユーザー名と認証方式を含め、Virtual Machineの基本設定を指定します。
  3. [Subscription] (サブスクリプション)[Resource group] (リソースグループ)、および[Location] (ロケーション)を選択し、[OK]をクリックします。
    必要に応じて新しい[Resource group] (リソースグループ)を作成します。
  4. 仮想マシンの設定を指定します。特に:
    • サイズ。推奨されるサイズはデフォルトで選択されているサイズ: [Standard D2 v2] (標準D2 v2)です。
    • 次のステップへ進むには、少なくともデフォルトの[Subnets] (サブネット)設定を確定する必要があります。
  5. Remote Engineのペアリング情報を指定します:
    • [Remote Engine's preauthorized key] (Remote Engineの事前承認済みキー)。このキーは、Talend Cloud Management Consoleで作成したRemote Engineの[Engine Details] (エンジンの詳細)タブから取得できます。
    • [Talend Cloud account location] (アカウントのロケーション)は、Talend Cloudアカウントのリージョンによって異なります。

      リージョンはTalend Cloud URLに反映されます。たとえば、URLがhttps://us.cloud.talend.comである場合、対応する[US] (米国)の値を入力する必要があります。

    ペアリングは、Remote Engineの開始時に自動的に実行されます。

  6. [OK]をクリックし、[Summary] (概要)の情報を確認します。設定に基づいて検証が行われ、完了すると[OK]をもう一度クリックできる状態になります。
  7. [Terms of use] (利用規約)を読み、連絡先詳細を確認して、[Create] (作成)をクリックします。

タスクの結果

仮想マシンが作成され、Talend Cloud Remote Engine for Azureが使用できるようになりました。Remote Engineの開始時にペアリングは自動的に実行されます。その時点で、Remote Engineはペアリング済みとして表示されます。