コンポーネントの設定 - 7.3

MS固定長

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS位置決めコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS位置決めコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS位置決めコンポーネント

手順

  1. tFileInputMSPositionalコンポーネントをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、そのプロパティを定義します。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、入力ファイルへのパスを入力します。また、[...]ボタンをクリックしてファイルを参照して選択することもできます。
  3. [Header Field Position] (ヘッダーフィールド)の位置フィールドに、入力ファイルのスキーマ識別子の開始位置0-1を入力します。この場合、各行の最初の文字はスキーマ識別子です。
  4. [+]ボタンを2回クリックすると、[Records] (レコード)テーブルに2つの行が追加されます。
  5. [Schema] (スキーマ)カラムの下のセルをクリックすると、[...]ボタンが表示されます。
    [...]ボタンをクリックすると、スキーマの命名ボックスが表示されます。
  6. スキーマ名を入力し、[OK]をクリックします。
    スキーマ名がセルに表示され、スキーマエディターが開きます。
  7. schema_idcar_makeownerおよびageの4つのカラムを持つスキーマcar_ownerを定義します。
  8. ステップを繰り返して、schema_idcar_ownerageおよびcar_insuranceの4つのカラムを持つスキーマcar_insuranceを定義します。
  9. Row > car_ownerリンクでtFileInputMSPositionalcar_ownerコンポーネントに接続し、Row > car_insuranceリンクでcar_insuranceコンポーネントを接続します。
  10. ヘッダー値のカラムに、スキーマのスキーマ識別子値を入力します。スキーマcar_ownerの場合は1、この場合はスキーマcar_insurance2を入力します。
  11. [Pattern] (パターン)カラムに、スキーマの各フィールドの長さ、各フィールドの文字数、数字などを入力します。この場合はスキーマcar_owner1,8,10,3、スキーマcar_insurance1,10,3,3を入力します。
  12. Skip from headerフィールドにスキップする開始行の数を入力します。この場合は、最初の2行は値の代わりに2つのスキーマを記述するだけなので、2を入力します。
  13. car_ownerおよびcar_insuranceのコンポーネントの[Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの値を印刷))を選択します。