Talend Artifact Repositoryのアップグレード - 7.2

Talend Data Management Platform 移行&アップグレードガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Management Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

Nexus 3にアップグレードするには、最初に最新のNexus 2.xバージョンにアップグレードする必要があります。移行ガイドの指示に従ってください。

詳細は、Sonatypeのドキュメンテーションhttps://help.sonatype.com/repomanager3/upgradingを参照してください。

次のセクションでは、既存のTalend Artifact Repositoryインスタンスから、以前にリポジトリーに公開した構成情報やアーティファクトを維持しながら、Talend製品バージョン7.x以上と互換性のあるTalend Artifact Repositoryバージョンに移行する方法について説明します。

NexusリポジトリーとTalend製品との使用方法の詳細は、https://help.talend.com/search/all?query=compatible+artifact+repository&content-lang=en-USを参照してください。

次の起動時に、新しいTalend Artifact Repository設定が既存のデータとマージされます。

注: Talend7.xに同梱されているNexusのバージョン、Nexus 3は、Publisherでサポートされていません。代わりにCI Builderの使用をお勧めします。