Studioで使うAzureストレージアカウントへの接続を定義する - 7.3

Azure SQL Data Warehouse

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure SQL Data Warehouseコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure SQL Data Warehouseコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure SQL Data Warehouseコンポーネント
Studioの[Repository] (リポジトリー)あるAzureストレージに接続メタデータを定義します。

始める前に

  • Azureストレージに対する適切な権限とアクセス許可を持つAzureアカウントを持っていること。
  • 使用するAzureストレージアカウントが適切に作成されており、それにアクセスするための適切な権限があること。Azure Storageの詳細は、AzureドキュメントのAzure Storageチュートリアルを参照してください。
  • ビッグデータ関連のTalendソリューションの1つを使っていること。

手順

  1. https://portal.azure.com/で使うAzureストレージアカウントへのアクセスキーを取得します。
    1. Azureウェルカムページの左側のメニューバーで[All services] (すべてのサービス)をクリックします。
    2. [STORAGE] (ストレージ)セクションで[Storage accounts] (ストレージアカウント)をクリックします。
    3. 使用するストレージアカウントをクリックします。
    4. 表示されるリストで、[Access keys] (アクセスキー)をクリックして、対応するブレードを開きます。
    5. 以降のステップで使えるように、表示されているキーを適切な場所にコピーして保管します。
  2. StudioのIntegrationパースペクティブで、[Repository] (リポジトリー)内の[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[Azure Storage] (Azureストレージ)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create an Azure Storage Connection] (Azureストレージ接続の作成)を選択して、ウィザードを開きます。
  3. ウィザードのフィールドに入力します。
    Name (名前) この接続の定義に使う名前を入力します。
    Account Name (アカウント名) 接続先のAzureストレージアカウントの名前を入力します。
    [Account key] (アカウントキー) 前のステップで取得したアクセスキーを入力します。
  4. [Test connection] (接続のテスト)をクリックして設定を確認します。接続の成功を示すメッセージがポップアップしたら、[Next] (次へ)ボタンがアクティブになります。
  5. [Next] (次へ)をクリックして、このAzureストレージアカウントのAzureで利用可能なコンテナーのリストにアクセスします。
    このAzureストレージアカウントにコンテナーが含まれていない場合、このリストは空です。
  6. 接続先のコンテナーを選択して[Next] (次へ)をクリックするか、または単に[Next] (次へ)をクリックしてこのステップをスキップします。このウィザードに戻って、いつでもこのステップを修正できます。
  7. ウィザードにそれぞれ表示されるクエリーリストとテーブルリストについても同じ操作を行います。
  8. [Finish] (終了)をクリックして作成を確定します。接続は、[Repository] (リポジトリー)[Azure Storage] (Azureストレージ)ノードの下に表示されます。

タスクの結果

StudioでAzure Storage接続が定義され、このAzure Storageアカウントに関連付けられているAzureサービスを操作するために、ジョブで使えるようになりました。