最初のジョブの設定と実行 - 7.3

MOM

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > MOM
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > MOM
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > MOM

このタスクについて

最初のジョブでは、tRowGeneratorを使用して文字列メッセージを作成し、tMomOutputを使用してJBossサーバーに書き込みます。中間のtLogRowコンポーネントは、渡されるフローを表示します。

手順

  1. 最初のジョブに必要な3つのコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップして右クリックし、[Main] (メイン)の行リンクを使用して接続します。
  2. tRowGeneratorをダブルクリックしてスキーマがランダムに生成されるように設定します。
  3. [message]と呼ばれるカラムを1つだけ設定します。これは、MOMキューに書き込むメッセージです。
  4. このカラムは[String] (文字列タイプ)であり、Nullが許容されています。データを生成するためプリセット関数を使用し、ランダムに選択されたascii文字を連結して6文字の文字列を形成します。このファンクションはgetAsciiRandomStringです。(Javaバージョン)。[Preview] (プレビュー)ボタンをクリックして、生成されたデータのランダムサンプルを表示します。
  5. [Number of rows to be generated] (生成される行数)10に設定します。
    [OK]をクリックして確定します。
  6. tLogRowは、処理されるデータの中間状態を表示するためにのみ使用されます。この例では、特定の設定を行う必要はありません。
  7. 次に、tMomOutputコンポーネントを選択します。
  8. この場合、使用される[MQ server] (MQサーバー)[JBoss]になります。
    [Host] (ホスト)および[Port] (ポート)フィールドで、関連する接続情報を入力します。
  9. リストから[Message type] (メッセージタイプ)を選択します。メッセージは、[Queue] (キュー)または [Topic] (トピック)タイプにできます。この例では、リストから[Queue] (キュー)タイプを選択します。
  10. [To]フィールドに、サーバー側で想定される構文に厳密に従うメッセージソース情報を入力します。これは、queue/Aのような、選択したメッセージタイプとマッチします。
    注:

    メッセージ名は大文字小文字が区別されるため、queue/AQueue/Aはそれぞれ異なります。

  11. 次に、[Sync Columns] (カラムの同期)をクリックして、先行コンポーネントからスキーマを渡します。スキーマは読み取り専用のため、変更できません。MQに登録されるデータは、最初に検出されたスキーマカラムに由来しています。
  12. [F6]を押してジョブを実行し、tLogRowコンポーネントによりコンソールに渡されるデータフローを表示します。