入力コンポーネントの設定 - 7.3

MOM

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > MOM
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > MOM
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > MOM

手順

  1. tFileListコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Directory] (ディレクトリー)フィールドに、XMLファイルを読み取るディレクトリのパスを入力するか、フィールドの横にある[...]ボタンをクリックしてパスを参照します。
  3. [Use Glob Expressions as Filemask] (Glob式をFilemaskとして使用)チェックボックスをオンにし、[+]ボタンをクリックして[Files] (ファイル)フィールドに新しい行を追加し、ディレクトリのすべてのXMLファイルが使用されるようファイルマスクに"*.xml"を入力します。その他の設定はすべてそのままにしておきます。
  4. tFileInputXMLコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  6. [+]ボタンをクリックしてカラムを追加し、名前を付けます。この例では、messageと入力し、[Type] (タイプ)リストから[Document] (ドキュメント)を選択してXML形式のファイルを処理します。[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  7. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、[Ctrl] + [Space]を押してグローバル変数リストにアクセスし、tFileList_1.CURRENT_FILEPATHを選択してコンテキストファイルのディレクトリをループさせます。
  8. [Loop XPath query] (ループXPathクエリー)フィールドに"/"を入力して、ルートを入力ファイルの構造のループノードとして定義します。[Mapping] (マッピング)テーブルで、[XPath query] (XPathクエリー)カラムに"."を入力してソースファイルのコンテキストノードからすべてのデータを抽出し、[Get Nodes] (ノードの取得)チェックボックスをオンにして[Document] (ドキュメント)タイプのデータフローを構築します。