ジョブを設計し、入力データを設定する - 7.2

Business rules

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputコンポーネントと2つのtLogRowコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Embedded Rules] (組み込みルール)ノードから、作成したルールテンプレートをドロップします。
    ルールテンプレートが組み込まれたtRulesコンポーネントがワークスペースに表示されます。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使って、tFixedFlowInputtRuleにリンクします。
  4. tFileInputDelimitedをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、コンポーネントのプロパティを定義します。
  5. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  6. [+]ボタンを使って2つの行を追加し、行にzipCodeおよびCityNameという名前を付け、[OK]をクリックします。
    DRLルールを定義する時は、zipCodeカラムを使って都市の郵便番号をマッチングし、CityNameカラムを使って郵便番号と一致する都市の名前を出力します。
    注:

    郵便番号と一致させるために使うカラム名は、先頭を必ず小文字にしてください。そうしないと、ジョブを実行しようとするとエラーが発生します。

  7. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツを使う(区切り記号付きファイル))を選択します。
  8. 行とフィールドの区切り記号を設定し、[Content] (コンテンツ)テーブルに、DRLルールを適用する区切りデータを入力します。