出力フローを設定する - 7.2

Business rules

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

このタスクについて

目的のデータを抽出するには、出力フローを設定する必要があります。実行する操作は次のとおりです。

手順

  1. tExtractXMLFieldをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)をクリックして、スキーマエディターを開きます。
  3. エディターの右側にある出力スキーマで、tBRMS入力スキーマのカラムに対応するカラムを追加して定義します。カラムの順序と名前は、必要に応じて異なる場合があります。
  4. [OK]をクリックしてエディターを閉じます。
  5. [Loop XPath query] (ループXPathクエリー)フィールドに[XML Tree] (XMLツリー)ルートタグの名前を入力します。これは、tBRMSコンポーネントの[Configure XML Tree] (XMLツリーの設定)エディターに表示され、前にスラッシュ記号が付き、二重引用符で囲まれます(例: "/loanSimulator")。
  6. [XPath query] (XPathクエリー)フィールドで、[Configure XML tree] (XMLツリーの設定)エディターの[Link Target] (リンクターゲット)エリアに、tBRMSコンポーネントの[XML Tree] (XMLツリー)フィールドに表示されるとおりに、対応するカラムの横にフィールドを二重引用符で囲んで入力します。
  7. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))オプションを選択します。