ルールスキーマを設定する - 7.2

Business rules

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

手順

  1. デザインワークスペースでtRulesをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントプロパティを定義します。
  2. ビジネスルールを保持するファイルを[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ) > [Rules management] (ルール管理)ノードに保管している場合は、[Property type] (プロパティタイプ)リストで[Repository] (リポジトリー)を選択します。そうでない場合は、[Built-in] (組み込み)を選択してDroolsファイルを参照します。

    ビジネスルールの作成と保管の方法については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

  3. [Outputs] (出力)テーブルで[+]ボタンをクリックして、2つの異なる出力フローを表す2つの行を追加します。各行は、Droolsファイルで定義された2つのビジネスルールの1つを使います。
  4. [Schema] (スキーマ)カラムの最初の行をクリックして、[...]ボタンを表示します。ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、出力スキーマの名前を設定します。
  5. Droolsファイルに記述されている最初のルールの正確な名前(この例ではRuleAGE)を入力し、[OK]をクリックします。
  6. 開いたダイアログボックスで出力スキーマを定義します。この例では、入力スキーマを回復します。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  7. [Schema] (スキーマ)カラムの2行目でも同様に行います。

    DroolsファイルRuleREGIONに記述されているとおりに2番目のルールの正確な名前を入力し、それを2番目の出力スキーマの名前とし、開いているダイアログボックスで入力スキーマを回復します。

    ジョブの出力スキーマの名前がDroolsファイルのルールの正確な名前と一致しない場合、ジョブを実行しようとするとエラーメッセージが表示されます。