XMLマッピングを設定する - 7.2

Business rules

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

手順

  1. [Advanced Settings] (詳細設定)タブをクリックして、追加のパラメーターを設定します。
  2. [XML Mapping] (XMLマッピング)エリアで[...]をクリックして、XMLツリーを設定します。
    [Link target] (リンクターゲット)テーブルの最初の行を右クリックし、[Import XML Tree] (XMLツリーのインポート)を選択します。
  3. StudioのルートからXSDファイルを参照して選択します。[XML Tree] (XMLツリー)スキーマは自動的に完成します。
  4. [Schema List] (スキーマリスト)から関連するすべてのカラムを[Link target] (リンクターゲット)スキーマの対応する関連カラムフィールドにドロップします。
    表示されるダイアログボックスで、[Add linker to target node] (リンカーをターゲットノードに追加)オプションを選択します。
    または、[Auto map!] (自動マップ)をクリックする方法もあります。[Linker source] (リンカーソース)[Link target] (リンクターゲット)の間のカラムを自動的に連結します。
  5. [reason] (理由)フィールドを右クリックし、リストから[Set As Loop Element] (ループエレメントとして設定)を選択します。
  6. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。