tBRMSコンポーネントの基本設定を定義する - 7.2

Business rules

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

手順

  1. tBRMSをクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]をクリックし、スキーマエディターを開きます。
    左側の入力スキーマは、tMapから自動的に取得されます。
  3. 右側の出力エリアで[+]をクリックして、出力データをXMLファイルに書き込むための新しいカラムを追加します。カラムの名前を入力し、[Type] (タイプ)[String] (文字列)に定義します。
    [OK]をクリックして変更を有効にし、ダイアログボックスを閉じます。
  4. [XML Field] (XMLフィールド)リストから、出力スキーマに入力したXMLカラムの名前を選択します。
  5. [Choose rule module] (ルールモジュールの選択)リストから[Use latest deployment from Drools workbench] (Drools Workbenchから最新のデプロイを使用)を選択し、DroolsリポジトリーからJarファイルをダウンロードします。
    Droolsを使ってビジネスルールを構築および展開する方法の詳細は、Talend Administration Centerユーザーガイドを参照してください。
  6. [Choose distribution] (ディストリビューションを選択)リストからRedhat Decision Manager 7.3を選択します。
  7. DroolsワークベンチのURLに、 Droolsワークベンチのアドレスを入力します。
  8. Droolsワークベンチへの接続に使うユーザー名とパスワードを入力します。
  9. [Module List] (モジュールリスト)の横にある[...]をクリックして、[Deploy Package] (パッケージをデプロイ)ダイアログボックスを開きます。
    このダイアログボックスのURL[Username](ユーザー名)、および[Password] (パスワード)の各フィールドには、前の手順で入力した対応する情報が既に入力されています。
  10. [...]をクリックして[Select Package] (パッケージの選択)ダイアログボックス内のJarファイルを参照し、jarパッケージ(この例ではorg.talend.bank)を選択します。
  11. 選択したjarパッケージの横にあるリストからクラスorg.talend.bank.LoanSimulatorを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    Talend プログラムにより、ビジネスルールライブラリーがジョブで使える形式に変換され、Studioのルート、/studio_path/Drools/<project_name>にXSDファイルが作成されます。XSDファイルは、受信データフローとDroolsエンジンによって処理されるオブジェクトとの間のマッピングを記録します。
  12. [Drools Flow ID (optional)] (DroolsフローID (オプション))フィールドに、 必要なルールを実行する時に使うDroolsフローのIDを引用符で囲んで入力します。
    この例ではloanflowです。Droolsフローの詳細は、関連するDroolsのマニュアルを参照してください。