ルールスキーマを設定する - 7.2

Business rules

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

手順

  1. デザインワークスペースでtRulesをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントプロパティを定義します。
    ルールテンプレートを既にStudioに保存しているため、[Property Type] (プロパティタイプ)は自動的に[Repository] (リポジトリー)に設定されます 。
  2. [...]ボタンをクリックして、リポジトリーにローカルに保管されているDRLルールをリスト表示するダイアログボックスを開きます。
  3. ルールスキーマを定義するルールテンプレート(この例ではZipCodeRuleSet)を選択し、[OK]をクリックします。
  4. [+]ボタンを使って2つの行を[Outputs] (出力)テーブルに追加し、[Schema] (スキーマ)カラムをクリックし、[...]ボタンをクリックします。
  5. ダイアログボックスが開いたら、最初の出力スキーマの名前をParisと設定し、[OK]をクリックします。
  6. 開いたダイアログボックスで出力スキーマを定義します。入力フローから出力フローにzipCodeCityNameをコピーし、[OK]をクリックします。
  7. 同じようにして2番目の出力スキーマを作成し、Suresnesという名前を付け、同様に2つの入力カラムを出力フローにコピーします。
    2つの出力スキーマはそれぞれ、ルールテンプレートで定義する2つのDRLルールの1つを使います。
  8. tRulesを右クリックし、[Row] (行) > [Paris] (パリ)の順に選択して、コンポーネントをを最初のtLogRowにリンクします。
  9. 同じようにして、[Row] (行) > Suresnesリンクを使ってtRulesを2番目のtLogRowにリンクします。