API定義のエクスポート - Cloud

Talend Cloud APIユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs
ジョブデザインと開発 > Testing APIs

Talend Cloud API DesignerからAPI定義をエクスポートするには、/api-definitions/{id}エンドポイントでGETメソッドを使用します。

このリクエストを使うユーザーケースについては、Talend Cloud API Designerの例をご覧ください。

始める前に

手順

  1. Talend Cloud API Testerを開き、新しいリクエストを作成します。
  2. デフォルトのGETメソッドを維持し、次のURIを正しいパラメーターと共に入力します。
    https://apid.{region}.cloud.talend.com/api/v1/api-definitions/{api-id}
    パラメーター 説明
    {region} 使用するTalend Cloudアカウントのリージョン。値は次のようになります。
    • us-west
    • us
    • eu
    • ap
    • at

    詳細は、Talend CloudのリージョンとURLを参照してください。

    {api-id} 取得するAPIバージョンのID。取得するためには、Talend Cloud API DesignerでAPIを開き、[Settings] (設定) > [MANAGEMENT API] (管理API)に移動するか、/api-definitionsエンドポイントでGETメソッドを使ってAPI定義のリストをIDと共に取得します。
  3. オプション: [QUERY PARAMETERS] (クエリーパラメーター)を展開して[Add query parameters] (クエリーパラメーターを追加)をクリックします。
    次のパラメーターを使用できます。
    パラメーター 説明
    format 自分の定義のエクスポートで使う形式です。値は次のようになります。
    • OpenApi3 (デフォルト値)
    • Swagger20
    • Swagger12
    • Raml10
    • Raml08
    • OpenApi3Aws (AWS API Gatewayと互換性がある形式)
    • Swagger20Azure (Azure API Managementと互換性がある形式)
    talendExtensions エクスポートした定義にTalendの拡張機能や注釈を含めるかどうかを指定します。値としてtruefalseを指定します。デフォルト値はfalseです。
    注: Talendの拡張機能はAWS API GatewayやAzure API Managementとは互換性がありません。formatパラメーターにOpenApi3AWSまたはSwagger20Azureを入力した場合、このパラメーターは無視されます。
  4. [Add hearder] (ヘッダーの追加)ボタンをクリックし、[name] (名前)フィールドに Authorizationと、そして[value] (値)フィールドにBearerに続けてスペースと自分のトークンを入力します。
    ヒント: Talend Cloud API Testerでは、自分のトークンをプライベート環境変数として追加し、式ビルダーを使ってリクエストで参照できます。詳細は、環境の使用を参照してください。
  5. リクエストが設定されたら、[Send] (送信)をクリックします。

    例え

タスクの結果

Talend Cloud API Testerは、選択した形式のAPI定義が含まれているレスポンスを返します。ページ下部の[Download] (ダウンロード)ボタンをクリックすれば保存できます。