Azure DevOpsでのライセンスおよびMaven設定ファイルの保存 - 7.3

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

Azure DevOpsでは、カスタムのMaven設定ファイルとTalendの製品ライセンスをセキュアファイルとして追加し、CI/CDパイプラインでこれらのファイルを使用できます。

始める前に

  • このページの左側パネルにある[Downloads] (ダウンロード)タブからsettings.xmlファイルを取得します。
  • パラメーター値(NexusやArtifactoryのURL、ホスト名、ポート、認証情報など)を置換してファイルをお使いの環境に適用させ、変更を保存します。
    ヒント: 例として提供されているXXX参照をファイル内で探し、お使いの環境に対応する値に置換します。このサンプルはNexusに対応しています。Artifactoryなど別のアーティファクトリポジトリーを使用している場合は、このサンプルをお使いのリポジトリーのURLに合わせる必要があります。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン) > [Library] (ライブラリー)ページで、[Secure Files] (セキュアファイル)タブに進みます。
  2. プラス記号(+)をクリックしてsettings.xmlをアップロードします。
  3. アップロードした後は、アップロードしたファイルをクリックし、[Authorize for use in all pipelines] (全パイプラインでの使用を許可)チェックボックスをオンにして保存します。
  4. プラス記号(+)をクリックしてライセンスファイルをアップロードします。
  5. アップロード後は、アップロードしたファイルをクリックし、[Authorize for use in all pipelines] (全パイプラインでの使用を許可)チェックボックスをオンにして保存します。