プロジェクトの移行 - 7.3

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
新しいバージョンのTalendに移行して既存のプロジェクトを取得する場合は、これらのプロジェクトを移行できます。Talend Administration Centerでは、移行するプロジェクトを個別に選択し、[Migration Check] (移行チェック)ページからTalend CommandLineアプリケーションを使用して対応する.pdfレポートを生成できます。

[Migration Check] (移行チェック)ページで上部のツールバーにあるCommandLineボタンをクリックし、ソース(旧)とターゲット(新)の両方のTalend CommandLineアプリケーションへの接続を設定し、データベースとレポートを保存するローカルディレクトリーへのパスを入力します。移行が開始され、レポートが生成されます。

この移行段階では、Talendソリューションの再インストールが必要となります。

デフォルトでは、移行チェックレポートは、製品の最終バージョンで生成されたアーティファクトのコンパイルステータスについての詳細が示されます。