Talendにおけるブランチング、マージング、タグ付け - 7.3

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

Talend Administration CenterおよびTalend Studioからブランチとタグを追加し、それらの間で切り替えることができます。

Talend Studioではまた、Gitユーザーがローカルブランチをリモートブランチにマージできます。

手順

  1. ブランチとタグを作成し、編集するには、以下の方法があります。
    • Talend Administration Center[Projects] (プロジェクト)ページで、[Branch Management] (ブランチ管理)オプションを使用する。

      Talend Administration Centerから、[Job Conductor] (ジョブコンダクター)ページ経由で、そのブランチやタグに位置するジョブに実行タスクを作成できます。

    • MetaServlet createBranchおよびcreateTagコマンドを使用する。

    • Talend Studioリポジトリーのリポジトリーブランチ管理メニューで、[New Branch] (新しいブランチ)および[More...] (詳細...) > [Add Tag] (タグの追加) オプションを選択する。

  2. (Gitのみ)ブランチをマージするには、以下の手順に従う必要があります。
    1. リモートブランチBを、Talend Studioのリポジトリー内のものと同じブランチ名で、ローカルブランチとしてチェックアウトします。
    2. ドロップダウンメニューから[Pull And Merge Branch] (ブランチのPull and Merge)オプションを使用して、リモートブランチAをプルの元となるソースとして使用し、ローカルブランチBを更新します。
    3. ブランチの更新中に発生したコンフリクトを解決します。
    4. ローカルブランチBをリモートエンドにプッシュします。

      Gitマージ操作については、Talend Studioユーザーガイドを参照してください。