応用の操作: 変更されたアーティファクトのみビルドするようAzureパイプラインを設定 - 7.3

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

さらに進んで、より効率的なCIプロセスを実装する場合は、ビルドの最後の反復以降に変更されたアーティファクト(ジョブ、ルートなど)のみビルドすることもできます。

そのためには、APIを使い、最後のGitプッシュのコミットのリストであるAzure DevOps API: Builds - Get Build Changesを報告する必要があります。

始める前に

このページの左側のパネルにある[Downloads] (ダウンロード)タブで、azure-pipeline-build_changes.ymlスクリプトファイルを取得します。

このスクリプトは、前回のビルドから変更されたジョブアーティファクトのビルド例です。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン) > [Builds] (ビルド)に進みます。
  2. [New pipeline] (新しいパイプライン)をクリックします。
  3. [Connect] (接続)ステップと[Select] (選択)ステップで、ソースリポジトリーのタイプを選択し、インポートするリポジトリーを選択した後に、Azureへアクセス権を与えます。
  4. [Configure] (設定)ステップで、パイプラインのステップを設定できるよう[Starter pipeline]を選択します。
  5. [Review] (レビュー)ステップで、以前ダウンロードしたazure-pipeline-build_changes.ymlファイルのコンテンツを貼り付けます。