QA環境および本番環境へのデプロイ - 7.3

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
本番環境で必要なツールは以下のとおりです:
  • 複数のTalend Administration Centerアプリケーション: 開発環境に1つ、QA環境に1つ、アーティファクトを取得する本番環境に1つ

  • ジョブをデプロイして実行する1台の実行サーバー、

  • スナップショット(QA)およびリリース(本番)リポジトリーにアーティファクトアイテムを保管する1つのTalend Artifact Repository (NexusまたはArtifactory)。

    開発サイクルの詳細は、Talendによる実装を参照してください。

生成ステップは、Talend Administration Centerがアーカイブファイルから事前に生成されたジョブを取得できるため、実際にはスキップされます。このため、Talend CommandLineアプリケーションは不要になりました。

同様に、前の環境で事前に生成されておりたアーティファクトは「ストレージなし」プロジェクトでインポートして、実行できるため、本番環境をSVNまたはGITにリンクする必要はありません。

ベストプラクティス: 機能のリリース後やバグの修正後は、SVNまたはGITのブランチやタグを使ってステータスの変更を記録することがベストプラクティスです。SVNのブランチやタグは、特定の時点で製品の特定のバージョンを識別するため(開発、テスト、検証された機能など)、および機能を動作させる目的で使われる環境を識別するため(CommandLine/アーティファクトバージョン、プロジェクトプロパティなど)に使用されます。