QAおよび本番環境で生成されたアーティファクトの取得 - 7.3

Talendソフトウェア開発ライフサイクルベストプラクティスガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend JobServer
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
ソースアーティファクト(ジョブ、ルートなど)が生成され、アーティファクトリポジトリーでデプロイされたら、QAおよび本番環境にインストールされているTalend Administration CenterWebアプリケーションから取得できます。

テストと検証が必要なスナップショットアーティファクトは、NexusまたはArtifactoryの[snapshots] (スナップショット)リポジトリーにデプロイされ、検証されたアーティファクトは、NexusまたはArtifactoryの[releases] (リリース)リポジトリーにデプロイされます。

  • アーティファクトをテストするQA環境では、以下のようにする必要があります:

    ユーザーはアーティファクトリポジトリー[snapshots] (スナップショット)に公開済みのすべてのアイテムを取得するため、StudioにリンクされているQA環境のTalend Administration CenterWebアプリケーションの対応するプロジェクトに接続してから、希望のアイテムを実行して検証します。

  • ジョブが事前に生成され、検証される本番環境では、以下のようにする必要があります:

    ユーザーはアーティファクトリポジトリー[releases] (リリース)に公開済みのすべてのアイテムを取得するため、Studioにリンクされている本番環境のTalend Administration Center Webアプリケーションの対応するプロジェクトに接続します。

[Select Job from artifact repository] (アーティファクトリポジトリーからのジョブの選択)オプションを使用すると(これが推奨されています)、メインのジョブプロパティは入力済みで読み取り専用になっていることがわかります。このジョブでは、コンテキスト(複数の場合)、適用するログレベル、および以前に起動した実行サーバーを選択するだけで実行タスクを作成できます。

選択した実行サーバーからプロジェクトにアクセスできるようにする必要があることに注意してください(アクセスはWebアプリケーションの[Server Project Authorizations] (サーバープロジェクト承認)ページで定義されます)。