コンポーネント固有設定 - 7.0

tLogRowジョブスクリプトプロパティ

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ロギングコンポーネント

以下の表に示すように、このコンポーネントのsetSettings {}関数で定義できるジョブスクリプトパラメーターはすべてオプションです。このコンポーネントの設定をすべてデフォルト設定で利用する場合は、setSettings {}関数を空のままにして下さい。

関数/パラメーター 説明 必須?

BASIC_MODE

出力フローを基本モードで表示するには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはtrueに設定されます。別の表示モードを使用する場合は、falseに設定します。

このパラメーター、TABLE_PRINT、およびVERTICALは、相互排他的です。

いいえ

TABLE_PRINT

出力フローをテーブルセルに表示するには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーター、BASIC_MODE、およびVERTICALは、相互排他的です。

いいえ

VERTICAL

出力フローの各行をキーと値のリストとして表示するには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーターをtrueに設定する場合、各出力行に対して、コンポーネントのユニーク名とラベルのいずれか、またはその両方を表示するかを選択できます。

このパラメーター、BASIC_MODE、およびTABLE_PRINTは、相互排他的です。

いいえ

FIELDSEPARATOR

このパラメーターを使って、出力表示でデータフィールドを区切る記号を指定できます。デフォルト値は\"|\"です。

このパラメーターは、BASIC_MODEパラメーターがあり、trueに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

PRINT_HEADER

出力表示に入力フローのヘッダーを含めるには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーターは、BASIC_MODEパラメーターがあり、trueに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

PRINT_UNIQUE_NAME

複数のtLogRowコンポーネントが使用される場合、出力を区別するために各出力行の前にコンポーネントのユニーク名を表示するには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーターは、BASIC_MODEパラメーターがあり、trueに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

PRINT_COLNAMES

出力スキーマからカラムラベルを取得するには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーターは、BASIC_MODEパラメーターがあり、trueに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

USE_FIXED_LENGTH

LENGTHS {}関数で定義されている固定長で各フィールドを表示するには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーターは、BASIC_MODEパラメーターがあり、trueに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

LENGTHS {}

各カラムの表示長を定義するには、この関数にSCHEMA_COLUMN LENGTHを含めます。

この関数は、USE_FIXED_LENGTHtrueに設定されている場合のみ有効です。

はい(USE_FIXED_LENGTHtrueに設定されている場合)

PRINT_UNIQUE

各出力行にコンポーネントのユニーク名を表示する場合は、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはtrueに設定されます。各出力行に、コンポーネントラベル、またはコンポーネントのユニーク名とラベルの両方を表示する場合は、falseに設定します。

このパラメーターは、VERTICALパラメーターがあり、trueに設定されている場合のみ有効です。

このパラメーター、PRINT_LABEL、およびPRINT_UNIQUE_LABELは、相互排他的です。

いいえ

PRINT_LABEL

出力フロー行にコンポーネントラベルを含めるには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーターは、VERTICALパラメーターがあり、trueに設定されている場合のみ有効です。

このパラメーター、PRINT_UNIQUE、およびPRINT_UNIQUE_LABELは、相互排他的です。

いいえ

PRINT_UNIQUE_LABEL

各出力行にコンポーネントのユニーク名とラベルの両方を表示する場合は、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

このパラメーターは、VERTICALパラメーターがあり、trueに設定されている場合のみ有効です。

このパラメーター、PRINT_UNIQUE、およびPRINT_UNIQUEは、相互排他的です。

いいえ

PRINT_CONTENT_WITH_LOG4J

log4j機能が有効で、ジョブのlog4j出力レベルがINFO以下に設定されている状態で、データフローコンテンツを出力するには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはtrueに設定されます。

いいえ

TSTATCATCHER_STATS

各コンポーネントレベルおよびジョブレベルで処理メタデータを収集する場合、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

いいえ

LABEL

このパラメーターを使って、コンポーネントのテキストラベルを指定します。

いいえ