ジョブスクリプトからジョブを生成する方法 - 7.0

ジョブスクリプトAPIを使ったジョブの設計

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
Talend StudioのグラフィカルインタフェースまたはTalend CommandLine (GUIがない場合のTalend Studioの代替インタフェース)を使って、ジョブスクリプトからジョブを生成することができます。

グラフィカルインタフェースを使ってジョブを生成する

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで、[Code] (コード) > [Job Scripts] (ジョブスクリプト)ノードを展開します。
  2. ジョブを生成するジョブスクリプトを右クリックして、コンテキストメニューから[Generate Job] (ジョブの生成)を選択します。

タスクの結果

ジョブスクリプトと同じ名前のジョブが、[Repository] (リポジトリ)の[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードに作成されます。

Talend CommandLineを使ってジョブを生成する

手順

  1. Talend CommandLineを起動します。
  2. リポジトリに、 initLocal または initRemote コマンドを使って接続します。

    例:

    initRemote http://localhost:8080/org.talend.administrator -ul admin@company.com -up admin

    パラメーター値はサンプル値なので、実際の情報(ポートと資格情報)に置き換える必要があります。これらのコマンドの使用方法は、 helpTalend CommandLineに入力することにより、確認することができます。

  3. プロジェクトおよびブランチ/タグに、 logonProject コマンドを使って接続します。プロジェクトまたはブランチ/タグの名前がわからない場合は、 listProject -b コマンドを最初に入力します。

    例:

    logonProject -pn di_project -ul admin@company.com -up admin -br branches/v1.0.0

    パラメーター値はサンプル値なので、実際の情報(プロジェクト/ブランチ/タグ名、資格情報)に置き換える必要があります。このコマンドの使用方法は、 helpTalend CommandLineに入力することにより、確認することができます。

  4. 次のコマンドを入力して、ジョブスクリプトからジョブを生成します。
    createJob NameOfJob -sf path\yourJobscript.jobscript

タスクの結果

ジョブがCommandLineワークスペースの処理フォルダーcommandline-workspace\YourProjectName\processに作成されます。