ジョブスクリプトの作成方法 - 7.0

ジョブスクリプトAPIを使ったジョブの設計

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

ジョブスクリプトをテキストエディターで作成して、.jobscript拡張子のファイル名を付けることもできますが、Talend StudioのジョブスクリプトAPIエディターを使って、Studio機能を最大限に利用してジョブスクリプトを作成することもできます。

Talend Studioのジョブスクリプトエディターでは、オートコンプリート機能(Ctrl+スペース)を使って、ジョブスクリプトを記述することができます。 関数、パラメーター、およびいくつかの値が提示されます。

コードは色分けされて表示され、コード、値、コメントを簡単に見分けられるようになっており、構文エラーもチェックされます。パラメーターの設定が間違っている場合は、赤い十字マークが表示されます。Talend Studioでのジョブスクリプト表示をカスタマイズする方法については、ジョブスクリプト表示のカスタマイズ方法を参照して下さい。 ジョブスクリプトテンプレートの管理方法については、ジョブスクリプトのテンプレートの作成方法を参照して下さい。

手順

  1. 入門ガイドで説明される手順に従って、Talend Studioを開きます。
  2. [Integration] (統合)パースペクティブの[Repository] (リポジトリ)ツリービューから、[Code] (コード)ノードを展開します。
  3. [Job Scripts] (ジョブスクリプト)ノードを右クリックし、コンテキストメニューの[Create JobScript] (ジョブスクリプトの作成)を選択します。

    [Create JobScript] (ジョブスクリプトの作成)ウィザードが開き、新しいジョブスクリプトのメインプロパティを定義できます。

  4. ジョブスクリプトプロパティを入力します。
    フィールド 説明
    Name (名前) 新しいジョブスクリプトの名前。禁止文字を入力すると、メッセージが表示されます。
    Purpose (目的) ジョブスクリプトの目的、またはジョブスクリプトの使用に役立つ情報を入力します。
    Description (説明) ジョブスクリプトの説明。
    Author (作成者) デフォルトで現在のユーザーログインを表示する読み取り専用フィールド。
    Locker (ロック設定者) デフォルトで現在のジョブのロックを保持しているユーザーがログインしていることを示す読み取り専用フィールド。このフィールドはジョブスクリプト作成時には空で、既存のジョブスクリプトのプロパティの編集時にのみデータが存在します。
    Version (バージョン) 読み取り専用フィールド。[M]ボタンや[m]ボタンを使って、手動でバージョンを上げることができます。
    Status (ステータス) このリストから、作成するジョブスクリプトのステータスを選択します。
    Path (パス) このリストから、ジョブスクリプトが作成されるフォルダーを選択します。
  5. [Finish] (終了)をクリックしてジョブスクリプトを作成します。

タスクの結果

ワークスペース内に空のジョブスクリプトファイルが開き、タブラベルに、スクリプト名が表示されます。ここから、ジョブスクリプトを記述して、ジョブの設計を始めることができます。