ジョブスクリプトでスキーマを定義する - 7.0

ジョブスクリプトAPIを使ったジョブの設計

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
ジョブスクリプトでスキーマを定義するには、addSchema {}関数を使用します。

addSchema {}プロパティ

関数/パラメーター 説明 必須?

NAME

スキーマに名前を指定します。

はい

CONNECTOR

スキーマの接続タイプを入力します。たとえば、FLOWREJECTなどです。

はい

addColumn {}

スキーマにカラムを追加して、パラメーターを定義します。

  • NAME: カラムのラベルを入力します。
  • TYPE: このカラムのデータ型を指定します。
  • KEY (オプション): このパラメーターをtrueに設定すると、このカラムがプライマリキーになります。
  • NULLABLE (オプション): このパラメーターをtrueに設定すると、このカラムがnull許容カラムになります。
  • DEFAULTVALUE (オプション): ジョブ実行時に取得する値がなかった場合に使用されるデフォルト値を指定します。
  • LENGTH (オプション): カラムの長さを指定します。
  • PRECISION (オプション): 小数点以下の桁数を指定します。
  • COMMENT (オプション): コメントを入力します。

この関数を使って、スキーマに必要なだけのカラムを追加できます。

はい

次のジョブスクリプト例では、コンポーネントtFileInputDelimited_1のスキーマを定義しています。このスキーマには、String型のfirstNamelastNameという2つのカラムが含まれています。

	addSchema {
		NAME: "tFileInputDelimited_1",
		CONNECTOR: "FLOW"
		addColumn {
			NAME: "firstName",
			TYPE: "id_String"
		}
		addColumn {
			NAME: "lastName",
			TYPE: "id_String"
		}
	}