MDMサーバーへのデータモデルのデプロイ - 7.3

マスターデータ管理の例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
task
データガバナンス > データ検証
データクオリティとプレパレーション > データのマッチング
データクオリティとプレパレーション > 重複データの削除
変更がランタイムに反映されるようにするには、データモデルをMDMサーバーに常にデプロイする必要があります。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリ)ツリービューで、デプロイするデータモデルを右クリックし、[Deploy To...] (デプロイ先...)を選択します。
  2. ダイアログボックスが表示されたら[Add Dependencies] (依存性の追加)をクリックし、依存性を追加した後に[Continue] (続行)をクリックします。
  3. [Select a server location definition] (サーバーロケーションの定義を選択します)ダイアログボックスで、データモデルのデプロイ先とするサーバーを選択し、[OK]をクリックします。
    ダイアログボックスが開き、デプロイに成功したことが示されます。
  4. [OK]をクリックしてデータモデルのデプロイを完了します。
    このサンプルでは、Talend MDMTalend Data Stewardshipで設定されているため、データモデルCustomerをMDMサーバーにデプロイするときに、以下の変更がTalend Data Stewardshipに自動的にプロパゲートされます。
    • "customer - customer - tmdm"という名前の新しいData Stewardshipデータモデルが作成され、その属性はCustomerエンティティ内の各シンプルタイプエレメントに対応しています。
    • 新しいData Stewardshipデータモデルを使用して、"customer - customer - tmdm"という名前の新しいマージングキャンペーンが作成されます。

    他方、MDMデータ型がTalend Data Stewardshipデータ型にマッピングされ、MDMエレメントの制約(もしあれば)はTalend Data Stewardshipの属性の制約に変換されます。詳細は、Talend MDMとTalend Data Stewardshipのマッピングテーブルを参照してください。

    MDMデータモデルの変更がMDMサーバーへのデプロイ時にどのようにプロパゲートされるかについては、Talend Data StewardshipTalend Studioユーザーガイド』を参照してください。

    REST APIを使用して、MDMデータモデル用に該当するキャンペーンとData Stewardshipデータモデルを作成することもできます。詳細は、Set up the Data Stewardship metadata for a data modelを参照してください。

タスクの結果

これで、Talend StudioにおけるシンプルなMDMプロジェクトのプレパレーションは終了です。