Talend MDMとTalend Data Stewardshipのマッピングテーブル - 7.3

マスターデータ管理の例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
task
データガバナンス > データ検証
データクオリティとプレパレーション > データのマッチング
データクオリティとプレパレーション > 重複データの削除

以下では、Talend MDMTalend Data Stewardshipのマッピングテーブルの概要を説明します。

1つ以上の一致ルールが添付されたデータモデルをデプロイすると、MDMデータモデルの変更がTalend Data Stewardshipに自動的にプロパゲートされます。他方、MDMデータ型がTalend Data Stewardshipデータ型にマッピングされ、MDMエレメントの制約(もしあれば)はTalend Data Stewardshipの属性の制約に変換されます。

以下のテーブルには、Talend MDMのデータ型がTalend Data Stewardshipのデータ型にどうマッピングされているかを示しています。
MDMのデータ型 Talend Data Stewardshipのデータ型
boolean boolean
date date
time time
dateTime timestamp
int integer
integer integer
short integer
long integer
base64Binary integer
byte integer
negativeInteger integer
nonNegativeInteger integer
positiveInteger integer
nonPositiveInteger integer
unsignedByte integer
unsignedInt integer
unsignedLong integer
unsignedShort integer
decimal decimal
double decimal
float decimal
文字列 text
anyURI text
normalizedtext text
tokentext text
language text
hexBinary text
duration text
AUTO_INCREMENT text
MULTILINGUAL text
PICTURE text
URL text
UUID text
MDMデータモデルでは、エンティティに制約付きのエレメントが含まれている場合があります。制約は、MDMデータモデルのデプロイ時に、Data Stewardshipのデータモデル内のマッピングされたTalend Data Stewardshipデータ型に基づいて、対応するTalend Data Stewardship属性の制約に変換されます。ただし、一部のMDMエレメントの制約は、Talend Data Stewardshipの属性に対応する制約がないため、無視される場合があります。

以下のテーブルには、MDMエレメントの制約がTalend Data Stewardshipの属性でサポートされている制約にどう変換されるかを示しています。

Talend Data Stewardshipのデータ型 MDMエレメントの制約 Talend Data Stewardshipの属性の制約
text minLength minLengthText
maxLength maxLengthText
length minLengthTextとmaxLengthText
pattern patternText
enumeration allowedValues
integer minInclusive minInteger
maxInclusive maxInteger
decimal minInclusive minDecimal
maxInclusive maxDecimal
fractionDigits scaleDecimal
date minInclusive minDate
maxInclusive maxDate
time minInclusive minTime
maxInclusive maxTime
datetime minInclusive minDatetime
maxInclusive maxDatetime