コンポーネント固有設定 - 7.0

tSortRowジョブスクリプトプロパティ

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

コンポーネントのsetSettings {}関数で定義できるジョブスクリプトの関数とパラメーターは、以下の表のとおりです。

関数/パラメーター 説明 必須?

CRITERIA {}

この関数を使って、ソートルールを定義します。各ソートルールは次の3つのパラメーターで設定します。

  • COLNAME: このパラメーターは、ソートするスキーマカラムを指定します。
  • SORT: このパラメーターは、次の入力カラムタイプによって ソートタイプを指定します。
    • alpha: アルファベット順
    • num: 数値準
    • date: 日付順
  • ORDER: このパラメーターを使用して、ソート順序を指定します。
    • asc: 昇順
    • desc: 降順

ソートルールが複数ある場合は、定義された順に優先順位が決まります。

はい

EXTERNAL

一時的に出力データを格納するのに使用するメモリをカスタマイズする場合は、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

いいえ

TEMPFILE

このパラメーターは、一時ファイルの格納先を指定します。

デフォルトディレクトリは<studio_install_dir>/workspace/tempです。<studio_install_dir>はStudioのインストールディレクトリです。

このパラメーターは、EXTERNALtrueに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

CREATEDIR

一時ファイルディレクトリが存在していない場合にこれを作成するには、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはtrueに設定されます。

このパラメーターは、EXTERNALtrueに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

EXTERNAL_SORT_BUFFERSIZE

このパラメーターを使ってバッファーサイズを指定できます。つまり、一時ファイルがハードディスクに生成される前に、メモリに保持できる行数を指定できます。

デフォルト値は1000000です。

このパラメーターは、EXTERNALtrueに設定されている場合のみ有効です。

いいえ

TSTATCATCHER_STATS

各コンポーネントレベルおよびジョブレベルで処理メタデータを収集する場合、このパラメーターをtrueに設定します。

デフォルトでは、このパラメーターはfalseに設定されます。

いいえ

LABEL

このパラメーターを使って、コンポーネントのテキストラベルを指定します。

いいえ