コンポーネント固有設定 - 7.0

tFileInputParquetジョブスクリプトプロパティ

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Parquet
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Parquet
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Parquet

コンポーネントのsetSettings {}関数で定義できるジョブスクリプトの関数とパラメーターは、以下の表のとおりです。

関数/パラメーター 説明 必須?

DEFINE_STORAGE_ CONFIGURATION

HDFSなどのターゲットファイルシステムへの接続情報を指定する場合は、このパラメーターをtrueに設定します。

このパラメーターがfalseに設定されている場合、ターゲットファイルシステムはローカルシステムになります。

使用する構成コンポーネントは、同じジョブ内に存在する必要があります。

たとえば、tHDFSConfigurationコンポーネントがそのジョブ内に含まれている場合、これを選択して、指定のHDFSシステムに結果を書き込むことができます。

デフォルトでは、このパラメーターはtrueに設定されます。

注:

このパラメーターはSparkバッチジョブまたはSparkストリーミングジョブでのみ有効です。

はい(Sparkバッチ/ストリーミングジョブの場合)

FILENAME

ファイルシステム上で使用されるデータのパスを入力します。

はい