プレパレーションの共有 - 7.0

Talend Data Preparation入門ガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

プロジェクトの他のメンバーがプレパレーションにアクセスできるように、共有機能を使用することができます。

この例では、自分と他のユーザーがTalend Data Preparation の登録ユーザーであることを前提とします。

組織のユーザーまたはユーザーグループは、付与された権限に応じてプレパレーションを開いて編集することができるようになります。プレパレーションを共有可能にするには、プレパレーションをフォルダー内に格納する必要があります。

プレパレーションフォルダーを作成して共有するには、次の手順に従います。

手順

  1. 画面右上の白いXアイコンをクリックしてプレパレーションを編集します。

    プレパレーションは各ステップ後に自動的に保存される点に留意してください。

    [Preparations] (プレパレーション)ビューが表示されたら、リストにcustomers_preparationがあることを確認します。

  2. [Add folder] (フォルダーの追加)アイコンをクリックします。

    ウィンドウが開いたら、フォルダーの名前を入力します。

  3. 空のフィールドに「Getting Started (はじめに)」と入力し、[OK]をクリックします。

    Getting Startedフォルダーが[Preparations] (プレパレーション)ビューのリストに表示されます。

  4. マウスをcustomers_preparationに重ねて使用可能なオプションを表示し、[Copy or Move] (コピーまたは移動)アイコンをクリックします。

    [Copy/Move item] (アイテムのコピー/削除)ウィンドウが開いたら、プレパレーションの格納先フォルダーを選択します。

  5. Getting Startedフォルダーを選択し、[Move] (移動)をクリックします。

    プレパレーションの上のパスに反映されているように、プレパレーションがGetting Startedフォルダーに配置されます。

  6. パスの[Home] (ホーム)をクリックして[Preparations] (プレパレーション)ビューに戻ります。
  7. マウスをGetting Startedフォルダーに重ねて使用可能なオプションを表示し、[Share folder] (フォルダーの共有)アイコンをクリックします。

    [Share content for folder] (フォルダーの内容を共有)ウィンドウが開きます。

  8. [All Users and Groups] (すべてのユーザーとグループ)リストを参照するか、[Find user/group] (ユーザー/グループの検索)検索バーを使ってプロジェクトの一部であるユーザーまたはグループを選択します。
  9. ユーザーまたはグループをクリックして[Add to List] (リストに追加)をクリックし、コントリビューターのリストに追加します。
  10. サイトのステップを繰り返して、必要に応じてさらにコントリビューターを追加し、[Confirm] (確認)をクリックします。

タスクの結果

Getting Startedフォルダーアイコンに反映されているように、選択したユーザーによってフォルダーが正常に共有されています。

自分のフォルダーが他のユーザーによって共有されている場合、フォルダーアイコンは青になります。