スケジュール設定されたタスクの管理 - 7.3

Talend Data Catalog管理ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
データガバナンス
管理と監視
事前定義済み操作の実行(メタデータのインポート、用語集ワークフロー通知の送信、データベースメンテナンスの実行など)の自動スケジューリングを管理します。

スケジュールするために追加したタスクは変更できません。

[Object] (オブジェクト)フィールドで選択した内容に応じて以下の操作を実行できます。
操作 説明
データベースに変換 物理データモデルをデータベースモデルに変換します。
操作ログを削除 指定した日数を過ぎている完了操作やログを削除します。

リポジトリーで利用可能となっているバージョンの元のインポート操作ログは削除できません。そのようなログは、バージョンを削除すると自動的に削除されます。

失敗した操作のログを削除する場合は、[Failed only] (失敗した操作のみ)チェックボックスをオンにします。成功した操作と失敗した操作のログを削除する場合は、このチェックボックスをオフにします。

システムログを削除 指定した日数を過ぎているシステムログを削除します。
未使用のバージョンを削除 設定のどのバージョンでも使用されていなかったり、1時間以上前にインポートされたモデルのバージョンは、この操作によって削除されます。

外部ユーザーをインポート conf/UserDirectory.csvからのユーザーを更新します。TemplatesディレクトリーからテンプレートファイルをコピーしてCSVファイルに入力する必要があります。

既存のユーザーをマージし、ファイルの一部ではないユーザーを削除して新しいユーザーを作成します。

LDAPユーザーをインポート Talend Data Catalogで設定されたLDAPクエリーに基づいてLDAPユーザーを更新します。既存のユーザーをマージし、ファイルの一部ではないユーザーを削除して新しいユーザーを作成します。
新しいモデルをインポート 外部モデルのコンテンツの新しいバージョンをインポートします。
フォルダーから新しいモデルをインポート フォルダー内に再帰的に配置されたファイルベースのモデルから外部コンテンツの新しいバージョンをインポートします。
最大バージョンを保持 削除されない最新バージョンや使用済みバージョンをはじめ、指定された最大バージョン数を保持します。
データベースメンテナンスを実行 データベースメンテナンスを実行します。
用語集の用語変更通知を送信 用語集オブジェクトの変更に関するレポートを、[My Term Changes] (自分の用語を変更)ダッシュボードへのリンクと共にデータスチュワードへ送信します。
用語集のワークフロー通知を送信 用語集ワークフロータスクに関するレポートを、([My Workflow Tasks] (自分のワークフロータスク)ダッシュボードへのリンクと共に送信します。
物理データモデルをデータベースと同期 物理データモデルをデータベースと同期させます。
パフォーマンスをテスト サーバーの全般的パフォーマンスを評価し、概要レポートを印刷できます。
設定を更新 モデルの最新バージョンか公開バージョンを使い、選択した設定を更新してビルドします。
設定を更新 モデルの最新バージョンか公開バージョンを使い、[Auto Update] (自動更新)となっている設定を更新してビルドします。
物理データモデルをアップグレード 物理データモデルをアップグレードします。