Talend Data CatalogでのSAMLサーバーの設定 - 7.3

Talend Data Catalog管理ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
データガバナンス
管理と監視

始める前に

  • 管理者として、OktaでSAMLアプリケーションを作成し、設定済みであること。
  • 管理者として、Oktaでアプリケーションのユーザーとユーザー属性を設定済みであること。
  • [Administrators] (管理者)グループ、または[Security Administrators] (セキュリティ管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインしていること。

手順

  1. [MANAGE] (管理) > [Users] (ユーザー)に移動します。
  2. ツールバーの[Authentication] (認証)フィールドで、ドロップダウンリストからSAMLを選択します。
  3. ドロップダウンリストの横にある[Configure authentication] (認証の設定)アイコンをクリックします。
  4. [Connection] (接続)タブで、以前保存したIDプロバイダーメタデータを使って必要な情報を入力します。
    フィールド アクション
    IdP Entity ID (IdPエンティティID) IDプロバイダー発行者を入力します。
    X509 Certificate (X509証明書) IDプロバイダーのパブリックX509証明書を入力します。
    SSO HTTP-POST Binding URI (SSO HTTP-POSTバインドURI) IDプロバイダーのシングルサインオンURLを入力します。
    SSO HTTP-Redirect Binding URI (SSO HTTPリダイレクトバインドURI) IDプロバイダーのシングルサインオンURLを入力します。
  5. [User Attribute Mapping] (ユーザー属性のマッピング)タブで、フィールドに対応するSAML属性を入力し、以前にOktaで設定したユーザー情報を取得します。
  6. [Group Mappings] (グループのマッピング)タブで、外部ユーザーアカウントからのグループ属性をTalend Data Catalogグループ名にマッピングします。
  7. 変更を保存します。
  8. 再びブラウザーを開き、Talend Data Catalogへのアクセスを試みます。

タスクの結果

認証のため、Oktaにリダイレクトされます。