セットアップユーティリティを使ったリモート収集サーバーの設定 - 7.3

Talend Data Catalog管理ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
データガバナンス
管理と監視

始める前に

自分のマシンにTDC-x.y-YYYYMMDD.zipファイルとTDC-x.y-YYYYMMDD.tbz2ファイルのいずれかをダウンロードし、解凍済みであること。

手順

  1. ソフトウェアのホームディレクトリーでSetup.shファイルを実行します。
  2. [Application Server] (アプリケーションサーバー)タブに移動します。
  3. [Metadata Harvesting Server Only] (メタデータ収集サーバーのみ)チェックボックスをオンにします。
  4. 次のフィールドを編集します。
    フィールド 説明
    [Metadata Harvesting Browse Path] (メタデータ収集参照パス) メタデータ収集中に、Talend Data Catalogユーザーインターフェイスで利用可能となるローカルネットワークドライブやマップされたネットワークドライブのタイプを入力します。

    デフォルトでは値が'*'に設定されており、これによってWindowsドライブ、またはLinux上のルートからのディレクトリーが含まれるようになります。共通の共有データの場所へのアクセスを制限し、システム領域を避ける必要があります。

    サーバーは、別のイベント(スケジュールされている収集など)が発生した場合、いつでもメタデータ収集ファイルやディレクトリーにアクセスできるようにならなければなりません。モデルを収集する時、ユーザーインターフェイスには、移動してこれらのファイルとディレクトリーを選択できる一連のパスが表示されます。

    Windowsベースのアプリケーションサーバーでサービスとして実行する場合は、M_BROWSE_PATH=C:\, E:\, \\network-drive\shared\のように、物理ドライブを文字で指定し、完全なネットワークパスを指定する必要があります。

    マッピングされたドライブ名とパスは、ログイン時に表示されるものと同じにはできません。したがって、UIからドライブを選択する時に"*"を入力してもすべてのドライブを表示できるわけではありません。マッピングされたドライブID (N:\など)を入力するだけでは不十分です。これは、一般的にドライブマッピングがサービスでは利用できないことが理由です。このことはスクリプトのバックアップとドライブの復元にも当てはまります。

    [Data Directory] (データディレクトリー) オプションとして、非常に大きなデータ統合ツールやビジネスインテリジェンスツールで必要となった場合は、ログファイルやメタデータ増分収集キャッシュなどのデータを再配置する場所を新たに入力します。

    デフォルトでは、データディレクトリーはアプリケーションサーバーのホームディレクトリーのdataサブディレクトリーにあります。プログラムデータをプログラムファイルから分離することをお勧めします。それによって、別の領域にあるデータに新しい場所を確保できるようになります。

    [Max memory] (最大メモリ)

    オプションとして、Talend Data CatalogアプリケーションサーバーでJava (JRE)が使用する最大メモリを定義します。

    ポート番号 オプションとして、他のWebアプリケーションサーバとの競合を避けるため、デフォルトでカスタムポート番号を設定します。
  5. クラウドにインストールされているTalend Data Catalogサーバーにリモート収集サーバーが接続している場合は、<TDC_HOME>\TalendDataCatalog\conf\agent.properties設定ファイルを開いてさらにカスタマイズを行います。
  6. 次のパラメーターを編集します。
    パラメーター名 説明
    M_SERVER_URL クラウドにインストールされているTalend Data CatalogサーバーのURLを入力します。
    M_AGENT_NAME 共有シークレットを入力します。これは共有シークレットの文字列としても機能するため、UIで識別しやすく推測しにくいよう、一意かつ十分に説明的なものであればどのように設定してもかまいません。

    この共有シークレットは、Talend Data Catalog UIにリモート収集サーバーを追加する際に使用します。

  7. 変更を保存します。

タスクの結果

これで、Talend Data Catalogでリモート収集サーバーを追加する準備ができます。