Oracleでのデータベースのバックアップと復元 - 7.3

Talend Data Catalog管理ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
データガバナンス
管理と監視
Oracle Data Pumpテクノロジーを使ってOracleデータベースのバックアップと復元を行います。 expdpパラメーターとimpdpパラメーターを使えば、データベース全体、またはデータベースのサブセットのデータとメタデータをエクスポートおよびインポートできます。
  • エクスポートされたファイル(ダンプファイルやログファイルなど)をすべて保管するディレクトリーがサーバーマシン上に作成済みであること。
  • sysdba権限を持つsys userとしてデータベースにログオン済みであること。
    sqlplus.exe / as sysdba
  • ファイルの読み書きのため、ディレクトリーオブジェクトを作成し、サーバーマシン上のディレクトリーをポイント済みであること。
    CREATE OR REPLACE DIRECTORY <directory_object_name> AS '<backup_directory_path>';
  • そのディレクトリーオブジェクトに対する読み書きの権限を付与していること。
    GRANT read, write ON DIRECTORY <directory_object_name> TO <user_name>;
  • バックアップと復元のタスクを実行する前にTalend Data Catalogアプリケーションサーバーが停止済みであること。

expdpコマンドを使ったバックアップ

  • コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを実行してOracleデータベースをファイルにバックアップして、オペレーティングシステムのディレクトリーにエクスポートログを書き込みます。
    expdp <username>/<password> schemas=<schema_name> directory=<directory_object_name> dumpfile=<dump_file_name> logfile=<log_file_name>

impdpコマンドを使った復元

  1. スキーマをドロップして、データベースインスタンスから既存のオブジェクトとデータを削除します。復元するとスキーマが再作成されます。
    sqlplus.exe SYS@<db_name> as SYSDBA
    DROP USER <user_name> CASCADE;
  2. 次のコマンドを実行してOracleデータベースをファイルから復元し、オペレーティングシステムのディレクトリーにインポートログを書き込みます。
    Impdp schemas=<schema_name> directory=<directory_object_name> dumpfile=<dump_file_name> logfile=<log_file_name>
  3. Usernameを求めるプロンプトが表示されたら、/ as sysdbaと入力します。
  4. Talend Data Catalogアプリケーションサーバーを再起動します。
  5. Talend Data Catalogアプリケーションサーバーのパフォーマンスを最適化する場合は、[MANAGE] (管理) > [Schedules] (スケジュール)に進み、データベースメンテナンススクリプトを実行します。
  6. [Run Database Maintenance] (データベースメンテナンスの実行)を右クリックし、[Run operation now] (操作を今すぐ実行)をクリックしてデータベースインデックスと統計を更新します。

コマンドexpdpとimpdpの詳細は、Oracle Data Pumpのドキュメンテーションを参照してください。

また、Oracle Recovery Manager (RMAN)を使うこともできます。データベースインスタンス用に別のテーブルスペースを作成し、そのテーブルスペースからのみ復元することをお勧めします。詳細は、Oracle Databaseデータベース・バックアップおよびリカバリー・ユーザーズ・ガイドを参照してください。