クラウドベースのTalend Data Catalogサーバーに接続したリモート収集サーバーを追加 - 7.3

Talend Data Catalog管理ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
データガバナンス
管理と監視

次の手順は、クラウドベースのTalend Data Catalogサーバーに接続したリモート収集サーバーを新しくインストールするたびに行う必要があります。

クラウドベースのアプリケーションサーバーとオンプレミスにインストールされたリモート収集サーバーの両方で共有シークレットが使用されます。

[Over the Web (Cloud)] (Web上(クラウド))モードの場合、収集はリモート収集サーバーでのスケジュールに応じて呼び出され、その結果がクラウドにプッシュされます。

始める前に

  • [Administrators] (管理者)グループ、または[Application Administrators] (アプリケーション管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインしていること。
  • 前のデプロイのいずれかの手順でリモート収集サーバーをインストール済みであること。
  • Talend Data Catalogアプリケーションサーバーと同じバージョンのリモート収集サーバーをインストールし、設定済みであること。
  • Talend Data Catalogアプリケーションサーバーとリモート収集サーバーの両方に同じパッチを適用していること。

手順

  1. [MANAGE] (管理) > [Servers] (サーバー)に移動します。
  2. [Add] (追加)をクリックします。
  3. [New Server] (新しいサーバー)ダイアログボックスの次のフィールドに入力します。
    フィールド アクション
    名前 リモート収集サーバーの名前を入力します。
    タイプ [Over the Web (Cloud)] (Web上(クラウド))を選択します。

    これは、セキュアなファイアウォールが設定されているクラウドのTalend Data Catalogサーバーに接続したリモート収集サーバーに適用されます。

    メタデータのインポート/エクスポートアクティビティを実行できるよう、リモート収集サーバーは専用のリモートTalend Data CatalogサーバーにHTTPで定期的にプロアクティブに接続します。

    URL <name>には以下で既に定義済みである共有シークレットが入ります。
    • AGENT_STRINGパラメーター: Dockerのデプロイ方法を使用した場合
    • M_AGENT_NAMEパラメーター: 手動によるインストール方法を使用した場合
    Description (説明) 説明を入力します。
    Set as Default (デフォルトとして設定) このチェックボックスをオンにすると、メタデータを収集する際にリモート収集サーバーをデフォルトとして定義できます。
    Compress Data (データを圧縮) サーバー間の通信でデータ圧縮を使用する場合はこのチェックボックスをオンにします。
  4. [CREATE] (作成)をクリックします。

タスクの結果

リモート収集サーバーが接続されていれば、[Status] (ステータス)カラムに[Connected] (接続済み)アイコンが表示されます。