未使用バージョンを削除する操作のスケジュール設定 - 7.3

Talend Data Catalog管理ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
データガバナンス
管理と監視

古いモデルや物理データモデルの未使用バージョンを削除すれば空き容量を増やすことができます。

設定のどのバージョンでも使用されていなかったり、1時間以上前にインポートされたモデルのバージョンは、この操作によって削除されます。

始める前に

[Administrators] (管理者)グループ、または[Application Administrators] (アプリケーション管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインしていること。

手順

  1. [MANAGE] (管理) > [Schedules] (スケジュール)に移動します。
  2. [Add] (追加)をクリックします。
  3. [Properties] (プロパティ)タブの次のフィールドに入力します。
    フィールド 説明
    Name (名前) スケジュールの名前を入力します。
    説明 スケジュールの説明を入力します。
    Object (オブジェクト) リポジトリーでスケジュールを実行する場合は、このフィールドを空白のままにしておくかリポジトリーを選択します。

    オブジェクトでスケジュールを実行する場合は、検索アイコンをクリックし、ダイアログボックスでモデルを選択します。

    操作 ドロップダウンリストから、[Delete unused versions] (未使用バージョンの削除)を選択します。
    Days (日数) 日数を指定します。

    指定された日数よりも前にインポートされた未使用のバージョンは削除されます。

    Last modification time (最終変更日時) このチェックボックスをオンにすると、目的のバージョンのインポート日時だけでなく最終変更日時もチェックします。
    One Time/Recurring/Advanced (1回/循環/詳細) いずれかのチェックボックスをオンにし、スケジュール情報を指定します。
  4. [CREATE] (作成)をクリックします。
  5. [Execution History] (実行履歴)タブを開き、履歴を表示してログにアクセスします。