Talend Cloud Data Catalogのブリッジ - Cloud

Talend Cloud Data Catalogリリースノート

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
データガバナンス
リリースノート

新しい機能と改良点

機能 説明
Talend Data Integration: モデルに一貫性がない tOracleSCDのサポートが改善され、一部のケースでモデルデスティネーションをよりよく設定できるようになりました。
Hadoop HDFS: 接続設定用の共通ユーティリティ HDFS接続設定のために共通ユーティリティが作成されました。
Databricks Delta Lake Hadoop Hiveデータベース"delta"テーブルとして作成されたテーブルに個々のカラムが表示されない 'delta'テーブルカラムのサポートが追加されました。
全データベース(JDBC経由)のインポートブリッジ/データプロファイリング: 0と設定した場合の行の処理制限が解除 プロファイルするレコード数を0が設定された場合、最初の100,000行のみを処理するという制限がなくなりました。
全データベース(JDBC経由)のインポートブリッジ: 新しいドライバークラスパスのオプション JDBCドライバーの位置のオプションが追加されました。
Microsoft SSRS: 拡張されたデバッグログ ローカル/共有データセットとデータソースのために、デバッグログが拡張されました。
Informatica PowerCenter: 同時ワークフローオプションを使用する複数のワークフローインスタンスの抽出のサポート 同時インスタンスワークフローのサポートが追加されました。
AWS RedShiftデータベース: 新しいドライバーバージョン Amazon RedShiftの最新ドライバーバージョンが使用されるようインポートブリッジが更新されました。
PostgreSQLデータベースSQL DMLスクリプト: データ来歴を改善 式パーサーに、JSON演算子('->', '-->', '#>', '#>>')のサポートが追加されました。
Google BigQueryデータベース: -driver.locationという新しいパラメーター -driver.locationという新しいオプションが追加されました。
Salesforceインポート / Erwin DMエクスポート: データタイプマッピングを改善 "REFERENCE"データタイプマッピングが"VARCHAR"に更新されました。

"nullable"属性のサポートが追加されました。

注目される修正

問題 説明
Talend Data Integration: ジョブがSalesforceからデータを抽出すると誤ったモジュール名が設定される tSalesforceInputの処理が修正されました。
Excel形式のメタデータ/ SAP Sybase ASEデータベース: ターゲットとデスティネーション間のスティッチングの問題 その他のオプションである-connection.caseensitiveの処理が追加されました。
Talend Data Integration: Talend Data Preparationとのインテグレーション: tDataPrepRunコンポーネントを使用するとデータ来歴が表示されなくなる データプレパレーションのインポートが修正され、アクションの名前が変更されました。
Tableau: 接続分割が必要となる その他のパラメーターにconnection.splitという新しいオプションが追加されました。
Tableau: DB接続とテーブルの間のリンクが見つからない スティッチング処理における大文字と小文字の区別の問題が修正されるよう接続レイヤーが改善されました。
Tableau: バージョン2020のサポート Tableau 2020.xのサポートが追加されました。
IBM DataStage: 式の構文が認識されないか、サポートされていない DB2式アナライザーでのNEXT VALUE FORのサポートが追加されました。
Cloudera Impala Hadoop Hiveデータベース(JDBC経由): ビューの収集が外部スキーマを作成する Hiveブリッジ用のローカル接続のサポートが追加されました。
Microsoft Power BI (ファイル): ""Illegal Argument: The Model already contains a StoreConnection with this PhysicalName" (無効な引数: モデルにこのPhysicalNameを使ったStoreConnectionが既に含まれています) SnowflakeとMicrosoft SSASインポートブリッジ用のPower Queryステートメントで使用されるパラメーターのサポートが改善されました。
全データベース(JDBC経由)のインポートブリッジ: 外部接続の処理 外部接続の処理が修正されました。これをサポートするブリッジプロファイルが修正されました。
Microsoft SSIS: インポートが失敗し、"Consistency: Element 'StoreConnection' has no name" (一貫性: 'StoreConnection'エレメントに名前がありません)というエラーが表示される 接続文字列を使わない接続に関する警告が追加されました。
メタデータExcel形式エクスポート: 同じビジネス名のテーブルがエクスポートされない 同じビジネス名のテーブルをエクスポートする際の問題点が修正されました。

Include business name and description (ビジネス名と説明を含める)という新しいブリッジパラメーターが追加されました。

Tableau Server (リポジトリー): Amazon Aurora MySQLへの接続のサポート Amazon Auroraでサポートされているデータストアのリストが拡張されました。
AWS Athenaデータベース(JDBC経由) - テクニカルプレビュー: スキャンでビューが見つからない ResultSet構造を制御するテンプレートクエリーの処理が改善されました。
Snowflakeデータベース(JDBC経由): PIVOT構文を収集できない 式アナライザーに機能定義のPIVOT構文のサポートが追加されました。
PostgreSQLデータベースSQL DML (DI/ETL)スクリプト: 推測されたセマンティック分類がSQLベースのETLで表示されない SQLスクリプトインポートブリッジで、パススルーリンクがサポートされるよう式プリンターが改善されました。
MongoDB NoSQLデータベース(JSON): データベースフィールドが空の場合、インポートを実行できない データベースブリッジパラメーターがオプションフィールドとして定義されました。
Talend Data Integration: RedShift接続でテーブルが見つからない 認証情報を継承するオプションが選択されている時のアクセスキー処理が修正されました。
Talend Data Integration: <no name>というターゲットスキーマ SCDコンポーネント内のスキーマ処理が修正されました。
Salesforce (SFDC)データベース/データのサンプリングとプロファイリング: ドキュメントのエレメントコンテンツで無効なXML文字(Unicode: 0xfffe)を発見 -backupオプションのサポートが追加されました。

無効なXML文字を'?'記号で置換するコードが追加されました。

Apache Atlas: 使用できる検索結果の一部を返さない フィルタリング済みのエンティティのオフセット読み取りが実装され、-request.limitパラメーターと-entities.limitパラメーターが追加されました。
Talend Data Integration: tRedshiftRowで[Create temporary table like] (類似する一時テーブルを作成)を使用してもテーブル情報と接続が取得されない CREATE TABLE LIKE構文のサポートが追加されました。
Microsoft SSIS (リポジトリーデータベース): 環境設定のオーバーライドが正しく動作しない パラメーター化された接続のパラメータオーバーライドが修正されました。
JAAS PLAIN認証を使ったApache Kafkaで、"Timeout expired while fetching topic metadata" (トピックのメタデータのフェッチ中にタイムアウトが発生)というエラーが発生する JAAS JVMプロパティのログメッセージが追加され、JVMプロパティの処理が改善されました。
Microsoft ADLS Gen2 / MSI認証: 管理された2つのID (システムIDとユーザー定義ID)を持つWindowsで、"failed with Status code 403: request is not authorized" (ステータスコード403と共に失敗: リクエストが承認されていません)というエラーが発生する MSI認証の注意事項を追加しました。"System assigned managed identity" (システムに割り当てられた管理ID)の場合は、顧客IDを、この仮想マシン用に自動作成されたエンタープライズアプリケーションのアプリケーションIDに置き換える必要があります。
Apache Kafka: 接続できずSSLハンドシェイクエラーが発生する Kafkaのssl.client.auth=requiredに対応できるよう、"Keystore file"、"Password of the keystore"、"Password of the key"というパラメーターが追加されました。
メタデータExcel形式: メタデータExcel形式のソースの先頭にスラッシュがあると、作業ディレクトリーとして変換されてしまう ファイルパスのビルドが改善されました。
メタデータExcel形式: スティッチングに関する問題 区切りモデルと階層モデルで、名前または位置によるスティッチの設定が修正されました。
Microsoft Power BI (ファイル): Microsoft SSASをソースとしてサポート Microsoft PowerBIファイルのインポートブリッジで、SSASライブ接続でキューブパラメータが見つからない場合は、デフォルトのパースペクティブ名を使用します。

Microsoft SSASインポートブリッジで、レガシーOracleドライバーの初期サポートが追加されました。

Oracleデータベース(JDBC経由): JOIN句が後に続くPIVOT句のサポート JOIN句が後に続くPIVOT句が修正されました。
Oracle DML: スクリプトからテーブルが抽出されない 左端ではなく最初の接続オブジェクトまで追跡するようサマリー来歴が修正されました。