関連するDelta Lakeデータセットを使ってUSフライトの前日比の変化を計算する - 7.3

Delta Lake

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント > Delta Lake components
データガバナンス > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント > Delta Lake components
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント > Delta Lake components

このシナリオのジョブは、サンプルのDelta Lakeデータセットを使用して、米国のフライトの日々の主要業績評価指標(KPI)を計算します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

前提条件:
  • Delta Lakeで使用するファイルシステムは、S3、Azure、またはHDFSである必要があります。
  • 使用する認証情報にこのファイルシステムに対する読み書き権限があることを確認してください。
  • 使用するサンプルのDelta Lakeデータセットは、Talendヘルプセンターからダウンロードされ、ファイルシステムに保存されています。
    このデータセットは、デモンストレーション目的でのみ使用されます。これには、日付ごとに2つの米国のフライトのスナップショットが含まれており、各日付でのこれらのフライトの進展を示しています。

常に必要というわけではありませんが、HadoopクラスターのエッジノードにTalend Jobserverをインストールすることをお勧めします。次に、Studioの[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスかTalend Administration Center で、ジョブを実行できる場合はこのジョブサーバーをジョブのリモート実行サーバーとして定義します。