フライトKPIの結果をファイルシステムに書き込む - 7.3

Delta Lake

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント > Delta Lake components
データガバナンス > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント > Delta Lake components
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント > Delta Lake components

手順

  1. tFileOutputDelimited (名前はkpi_output)をダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Define a storage configuration component] (ストレージ設定コンポーネントを定義)チェックボックスをオンにして、tHDFSConfigurationで定義された接続情報を再利用します。
  3. tMAPで定義されたデータスキーマがtFileOutputDelimitedによって正しく取得されるように、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックしてください。
  4. [Folder] (フォルダー)フィールドで、計算されたKPI結果を保存するディレクトリーをtS3Configurationで定義されたS3バケットに入力します。
  5. [Action] (アクション)ドロップダウンリストで、使用するフォルダーがまだ存在しない場合は[Create] (作成)を、このフォルダーが既に存在する場合は[Overwrite] (上書き)を選択します。
  6. [Include Header] (ヘッダーを含める)を選択して、計算結果とともにカラム名を出力します。
  7. [Merge result to single file] (結果を1つのファイルにマージする)を選択して、partファイルを1つの単一ファイルに マージし、表示される[Merge File Path] (ファイルパスのマージ)フィールドに、マージされたデータが書き込まれるディレクトリーとファイル名を同じS3バケットに入力します。
  8. ターゲットファイルがすでに存在する場合は、[Override target file] (ターゲットファイルを上書き)を選択します。
  9. [Run] (実行)タブで[Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。

タスクの結果

実行が正しく完了したら、このマージファイルをS3からダウンロードして、米国のフライトのKPI情報を参照します。