Talend CommandLineのインストール - 7.2

Windows用のTalend Big Dataインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

手順

  1. Talend CommandLineをインストールするマシンにTalend-Studio-YYYYMMDD_HHmm-VA.B.C.zipアーカイブファイルをコピーします。このマシンはWebアプリケーションTalend Administration Centerと同じでもかまいませんが、同じにする必要はありません。
  2. 7-zipを使用し、名前にスペース文字を含まないフォルダー内でアーカイブを展開します。
  3. 必要に応じて、展開したフォルダーの名前をCmdLineに変更して見つけやすくします。
    警告: Talend CommandLineのフォルダー名をCommandLineに変更すると問題が発生するため、他の名前に変更するか、まったく変更しないことをお勧めします。
    このディレクトリーでcommandline.batファイルを使用するとTalend CommandLineプログラムを起動できます。
  4. デフォルトでは、Studioへの初回接続時に、Talend CommandLineインストールディレクトリーのルートにライセンスファイルが自動で配置されます。配置されない場合は、Talendから提供されたライセンスファイルをこのディレクトリーのルートに配置してください。
    Talend Administration Centerを使用してリモートリポジトリーに初めて接続する際に、一部のコンポーネントで必要な外部ライブラリーと接続メタデータが、Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページで定義されているGitまたはSVNディレクトリーから取得されます。そのため、CommandLineを起動する前にTalend Administration Centerをインストールして設定し、Studioをリモートリポジトリーに接続することが重要です。これにより、必須外部ライブラリーに関連するエラーがジョブのコード生成中に発生しなくなります。外部ライブラリーの保存先となるGitまたはSVNディレクトリーの設定方法の詳細は、Talend Administration Centerユーザーガイドを参照してください。
  5. commandline.batファイルを実行します。
    注: ポート番号(デフォルトは8002)を変更する必要がある場合は、commandline.batファイルを編集してポート番号を変更します。
  6. Ctrl+Cを押すとTalend CommandLineの実行を停止します。
  7. Talend CommandLineTalend Administration Centerとは別のマシンにインストールする場合は、Talend Administration Center Webアプリケーションの[Configuration] (設定)ページでTalend CommandLineアクセスパラメーターを設定する必要があります。詳細は、Talend Administration Centerユーザーガイドを参照してください。

タスクの結果

Talend CommandLineの使用方法の詳細は、Talend Administration CenterユーザーガイドのAppendix A (付録A)を参照してください。

Talend CommandLineをサービスとしてインストールする場合は、サービスとしてのTalend CommandLineのインストールを参照してください。