Talend Data Preparationでのライブデータセットの追加 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
Talend Administration Centerで実行可能な実行タスクを作成したら、データをデータセットの形式でTalend Data Preparationで取得することができます。

手順

  1. アカウントのユーザーメールアドレスとパスワードを使って、Talend Data Preparationにログインします。
  2. [Datasets] (データセット)をクリックして、データセットのリストを開きます。
  3. [Add Dataset] (データセットの追加)のとなりの白い矢印をクリックして、[Talend Job] (Talendジョブ)を選択します。

    [Add Talend Job Dataset] (Talendジョブのデータセットの追加)ウィンドウが開きます。

  4. [Dataset name] (データセット名)フィールドに、新しいデータセットの名前を入力します。
  5. [Username] (ユーザー名)および[Password] (パスワード)フィールドにTalend Data Preparation認証データを入力します。

    認証情報は、Talend Administration Centerで実行タスクを作成、実行する権限があるユーザーのものにする必要があります。

  6. [Test connection] (接続のテスト)をクリックします。

    接続に成功するとフォームの2番目の部分が表示され、Talend Data Preparation設定ファイルのリストのユーザーに対してTalend Administration Centerで実行できる実行タスクをリストから選択できるようになります。接続が確立されなかった場合は、その理由の詳細を示すエラーメッセージが表示されます。

  7. [Task] (タスク)ドロップダウンリストで、データセットの作成元となる実行ジョブを選択します。
  8. [Add dataset] (データセットの追加)をクリックします。

タスクの結果

ジョブ実行から取得したデータは、直接グリッドに表示され、準備作業を開始できます。

データセットはホームページの[Datasets] (データセット)ビュー内のリストに追加されます。