Talend Data Preparationのログファイルに対するログバック設定の使用 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
より高度なロギング設定を有効にするには、application.propertiesファイルにlogback.xmlファイルを指定する必要があります。

設定が含まれているこのlogback.xmlファイルは、logging.config=<path-to-config-file>プロパティを使って指定します。

ロギングをDEBUGレベルに設定するログバック設定の例:

<configuration>

  <appender name="STDOUT" class="ch.qos.logback.core.ConsoleAppender">
    <!-- encoders are assigned the type
         ch.qos.logback.classic.encoder.PatternLayoutEncoder by default -->
    <encoder>
      <pattern>%d{HH:mm:ss.SSS} [%thread] %-5level %logger{36} - %msg%n</pattern>
    </encoder>
  </appender>

  <root level="debug">
    <appender-ref ref="STDOUT" />
  </root>
</configuration>

詳細については、ログバックファイルの設定Springロギングシステムに関するドキュメントを参照してください。