ローカルファイルで作成したプレパレーションのエクスポート - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
ローカルファイルを基にしたデータセットのプレパレーションが終了したら、クレンジングしたデータをエクスポートできます。

手順

  1. アプリケーションヘッダーバーで[Export] (エクスポート)ボタンをクリックします。
  2. データのエクスポートで使用する形式を選択します。
    • CSVを選択した場合は、使用するフィールド区切り記号、テキスト囲み文字、およびエスケープ文字を選択し、エクスポートするファイルの名前を入力します。
    • XLSXまたはTableauを選択する場合は、エクスポートするファイルの名前を入力します。
  3. [Confirm] (確認)をクリックします。

タスクの結果

エクスポート操作がTalend Data Preparationサーバー上で処理されます。

完成したプレパレーションが現在のサンプルサイズ(デフォルトは10,000行)よりも大きい場合は、サンプルだけをエクスポートするか、データ全体をエクスポートするかを選択できます。最初のケースの場合、出力ファイルのダウンロードが直接開始されます。2番目のケースの場合、バックグラウンドでエクスポートプロセスが開始されます。[Export history] (エクスポート履歴)ページを使用して、エクスポートのステータスの確認や、出力ファイルのダウンロードを実行できます。詳細は、エクスポート履歴ページを参照してください。