ソース環境からのプレパレーションのエクスポート - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
プレパレーションがソース環境上で確定されたので、ターゲット環境にエクスポートして送ることができます。

手順

  1. Talend Data Preparationソース環境にログインします。
  2. 左側のパネルメニューの[Preparations] (プレパレーション)をクリックして、既存のプレパレーションのリストを開きます。
  3. マウスをcustomers preparationに重ねて、このプレパレーションの使用可能な操作を表示します。
  4. [Export Preparation] (プレパレーションのエクスポート)ボタンをクリックします。

タスクの結果

プレパレーションが.jsonファイルとしてエクスポートされ、ダウンロードが自動的に始まります。任意の場所に保存して、たとえば、customers_preparation.jsonに名前変更します。